韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  米EVテスラの上海工場、3年内に第1弾ラインオフ

米EVテスラの上海工場、3年内に第1弾ラインオフ

米国の電気自動車(EV)大手テスラはこのほど、2018年第2四半期の決算を発表した。それによると、同期の営業収入は40億200万ドルに達し、前年同期比43%増加した。株主に帰属する当期純損失は7億1800万ドルで、同113%拡大した。また、テスラが株主に送った書簡によると、上海工場が生産するEV第1弾は3年以内にラインオフする見込みで、19年までは主要な初期投資は行わないという。北京日報が伝えた。

テスラは7月、上海に全額出資の新工場「ギガファクトリー3」を建設すると発表。米国以外でギガファクトリーが建設されるのはこれが初めてだ。テスラによると、「初期段階の年間生産能力は完成車25万台とバッテリーユニットを目標にし、ゆくゆくは50万台まで引き上げる計画で、第1弾は3年以内にラインオフする見込み。上海工場でEVを生産することでテスラの生産能力が向上し、増加を続ける中国でのニーズへの対応が可能になる。これはテスラの米国工場の業務にマイナス影響を与えるものではない。上海工場は今後数四半期後に建設が始まる予定だが、19年までは主要な初期投資は行わない。投資資金の大部分は現地で債券を発行して調達する計画だ」という。

決算によると、第2四半期にはEVを5万3339台生産し、4万768台を引き渡しし、これには「Model S」と「Model X」計2万2319台、「Model 3」1万8449台が含まれる。テスラは、「7月にはModel SとModel Xが計2000台、Model 3が5000台の週あたり生産能力を保証できた。目標は8月末までにModel 3の週生産能力を6000台に引き上げることで、今後数四半期で6000台を超える見込みだ」と予想する。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
米電気自動車(EV)大手のテスラが、中国・上海市に年間50万台を生産する大規模工場を建設すると発表した。EVにとって車載電池は走行性能を左右する基幹部品であり、米国ではパナソニックとテスラが共同で設立したネバダ州の工場からテスラに供給している。世界最大のEV市場・中国でも両社が手を組むか注目を集めている。 現地資本のEVメーカーが乱立する中国で今春、パナソニックは同社にとって中国初の車載用電池工場を東北部・大連に設け、量産を開始した。東部・江蘇省にある2工場でも生産を始める方針で、津賀一宏社長は5月、毎日新聞のインタビューに「既に中国の複数社とパートナー関係にある」としている。

たが、中国では現地資本の車載用電池メーカーが急成長し、数年前まで世界最大手だったパナソニックの地位を脅かしているのも事実。パナソニックは11日、テスラの上海工場について「具体的な要請はない」と説明している。テスラは米国でのEV生産台数が計画に届かず、一時は不安視されたものの最近は軌道に乗り始めており、テスラの判断が車載事業を経営の柱に据えるパナソニックの今後に影響を与えそうだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月06日 09:03 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp