韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「ペペロに幼虫」通報…ロッテ製菓「製造過程の問題でないだろう」

「ペペロに幼虫」通報…ロッテ製菓「製造過程の問題でないだろう」

ロッテ製菓の棒型菓子「ヌードペペロ」から幼虫が発見されたという消費者の通報が受け付けられ、ロッテ製菓が調査を始めた。 12日、ロッテ製菓によると、11日、ある消費者はヌードペペロから幼虫数匹を発見したとして韓国消費者院に通報し、ロッテ製菓側にも知らせた。

問題の製品は4月中旬に生産されてマートに陳列されたもので、消費者は通報当日に該当製品を購入したことが分かった。 通報によると、ヌードペペロ数本から生きている幼虫約10匹を発見したことが分かった。 これを受け、ロッテ製菓は製造過程の問題である可能性は希薄だと明らかにした。 ロッテ製菓関係者は「該当製品から出た幼虫はノシメマダラメイガ、別名『コクゾウムシ』と明らかになった」としながら「(該当製品に記録された)日付の生産施設、管理記録などを点検している。該当製品の製造日は4月で、11月の購入時点に生きている幼虫が出てきたというのは製造過程の問題とみることが難しい」と明らかにした。

製造過程で虫と卵が入ったとすれば幼虫に孵化して生産日から7カ月が過ぎた今まで生き残る可能性が低いという説明だ。 ただし「流通過程で虫が浸透して卵を産んだものと見られる」としながら「商品を保管する過程でコクゾウムシの幼虫が流入したと把握される。流通過程で虫が包装を突き抜けて入ることまで防ぐのは現実的に難しい」と話した。

スポンサードリンク
この関係者は「問題の製品を購入した消費者のところを12日に訪問して『検査を進めて原因を究明する』と言ったが、問題製品のサンプルを受けていない」とし、「該当製品の購入先で販売された他の製品には異常がなかった」と付け加えた。 また、「正確な原因を迅速に究明して流通過程の異物混入を防ぐために最善を尽くしていく」と話した。
https://japanese.joins.com/

韓国では、11月11日は"ペペロデー"と呼ばれる記念日で、日本のポッキーとよく似たお菓子"ペペロ"を親しい人に贈る習慣があるという。バレンタインデーに匹敵する盛り上がりを見せる一大イベ ントだが、2011年11月12日、韓国の複数メディアが、「ペペロから大量の幼虫が発見された」と報じており、ネットユーザーに衝撃を与えた。韓国内で放送された「MBCニュースデスク」では、「ペペロの包装紙を剥がしたら、米粒ほどの幼虫があちこちで出てきた」と報道している。MBC出演の専門家は「この幼虫は、人体に有害なアレルギーを誘発する恐れがあり危険だ」と発言した。

2010年4月にも、ペペロに蛾が混入していた事件が発覚ている。韓国ロッテは日本ロッテとは管理も製造も別である。韓国食品も衛生管理無視という体制で製造しているのでは困りごとだが…。

関連記事

[ 2018年11月13日 09:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp