韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  独・日の7-9月期成長率「マイナス」…拡大するグローバル景気鈍化の懸念

独・日の7-9月期成長率「マイナス」…拡大するグローバル景気鈍化の懸念

ドイツと日本の7-9月期国内総生産(GDP)増加率が並んで前四半期比マイナスを記録した。世界経済規模3位の日本に続き4位のドイツが並んでマイナス成長を記録したのは輸出不振が共通して影響を及ぼしたと分析され、グローバル経済鈍化の懸念が大きくなっている。 ドイツ連邦統計庁は14日、7-9月期のGDPが前四半期比0.2%減少したと発表した。欧州最大経済国のドイツ経済がマイナス成長したのは2015年1-3月期から3年半ぶりだ。前年同期比成長率も1.1%にとどまり専門家の予想値1.2%に満たなかった。

ウォール・ストリート・ジャーナルなど外信はマイナス成長の原因として米中貿易戦争の衝撃、英国のEU離脱をめぐる混乱、ドイツ連邦政府をめぐる政治的不安などを挙げた。ドイツ政府は7-9月期の輸出が前四半期より減り輸入は増えたと説明した。ドイツ政府の自動車排気ガス基準認証遅延で自動車生産が一時的に停滞したことも影響を及ぼした。ドイツ銀行エコノミストのステファン・シュナイダー氏は「グローバル貿易の逆風は強まっている。輸出不振が続けば短期的に設備投資にも悪影響を及ぼす」と懸念する。

この日日本の内閣府も7~9月の実質GDPが前四半期より0.3%減少したと発表した。年率換算成長率も今年1-3月期にマイナス成長を記録してから4-6月期に3.0%と瞬間的に回復傾向を見せたが再びマイナス1.2%に落ちた。海外市場の消費需要減少で輸出が振るわない上に北海道地震と大阪の台風など自然災害が重なったためだ。

スポンサードリンク
台風と地震など自然災害でサプライチェーンに打撃を受けた自動車をはじめとした輸出が前四半期比1.8%減少し5四半期ぶりにマイナスを記録した。米中貿易戦争の影響で設備投資もやはり0.2%減り8四半期ぶりに減少に転じた。各国政府の景気見通しも暗くなっている。ドイツ政府は今年の年間経済成長率見通しを2.3%から1.6%に引き下げ、来年の成長率は1.5%にとどまると見通している。日本もやはり今年の経済成長率が1.1%にとどまると予想した。日本の昨年の経済成長率は1.7%だった。
https://japanese.joins.com/

ロイター通信は、日独のマイナス成長はともに一時的要因が影響したかもしれないが、経済の基調的な動きは弱く、先行きも世界的な貿易戦争の発生は言うに及ばずと報じている。米経済が堅調に推移して2020年にはもう一度上向くとの見方が大勢なので、世界経済がマイナスに陥ると考えるエコノミストはほとんどいない。それでも世界的な景気サイクルは2017年を天井に成熟段階に差し掛かっていると伝えている。

日本の場合は台風や地震といった相次ぐ自然災害が響いたが、その裏側には基調的な成長軌道の下振れがある。今年に入ってからの日本の成長率は1%強にとどまり、労働力の減少や財政的な支援の弱まり、金融政策による景気刺激効果の限界を考えれば、鈍化に下がるか横ばいかという事になる。トランプ政権下で米中貿易戦争は継続するだろうと考えれば2年間は継続するだろうし、その間に利上げがあれば、新興国にとっては苦しくなる。韓国では来年の不動産元本返済を乗り切れるかにある。駄目なら終わるのだが、自国民の借金チャラでは、ウォン量が増し、市場に出れば一気に通貨危機となるだけに、政府はガイドラインを決めて、借金の肩代わりを実施するだろうと個人的には考える。これしか逃げ道は無い。

ただ実施した場合は特に市場を含めたウォン量を監視できていることが条件となる。実施すれば現代自のローンで売れたことにした車も一時的には救済できる。朴槿恵と文大統領政権下で実施したのは、一部にすぎない。最下級の公務員(9級)を81万人も雇用するとしても一部に過ぎない。そして税収は底をつく。時間稼ぎにはなるが、内需を育てなかったツケは大きくその後の雇用も仕事も確約できる状態ではない。肩代わりした費用が借金返済不可者の生活一年分と仮定しても、その後の雇用見込みはない。まして失業者は体感失業者を含めて25%前後であるから、4人一人は仕事がない。この板挟みで政府にいくら金があっても難しいが…。逃げ道はあっても一年程度しか持たないのでは困りごとだが、韓国政府は実施するだろう。

一年後に光は見えない…。 文大統領は北朝鮮に最後の望みをかけている様だが、統一資金は夢の夢である。

関連記事

[ 2018年11月15日 12:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
米国が
これって、アメリカの一人勝ちってことですか。

第3四半期の実質GDPは前期比年率3.5%成長(米国)
https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/10/60b299dd6c8264cf.html
[ 2018/11/15 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp