韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国の国防技術力は世界9位!

韓国の国防技術力は世界9位!

2019年4月16日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の国防科学技術は世界9位で、米国の80%の水準であることが分かった。

韓国防衛産業庁傘下の研究機関である国防技術品質院は同日、「2018年国別国防科学技術水準調査」を発表した。それによると、韓国の国防科学技術は主要16カ国のうち9位(イタリアと同率)を記録し、2015年の調査と同じ順位となった。韓国はK9自走砲の性能改良、155ミリ射程延長弾の開発、地対空誘導兵器の開発など火力分野の技術力が高く評価されたという。

「不動の1位」は米国で、2位は同率でフランスとロシア。4位以下にはドイツ、英国、中国が続いた。7位には日本とイスラエルが同率で選ばれた。 「世界最強」の米国が新兵器開発により技術水準がアップしたため、ほとんどの国の相対的な技術水準はダウン、もしくは現状位置となった。ただ、潜水艦や第6世代戦闘機、極超音速誘導弾などを開発中の中国の技術水準はアップしたという。

スポンサードリンク
同調査は3年ごとに行われており、結果は韓国の合同参謀や陸海空軍に配布されている。
https://www.recordchina.co.jp/

兵器などの調達を担う韓国防衛事業庁(DAPA)は、防衛セクターにおける事業オペレーションを改善することを目的としたブロックチェーンの試験プロジェクトを立ち上げた。防衛事業データの「改ざん」を防止するためのブロックチェーンプラットフォームの構築が含まれている。韓国の国防科学研究所、および国防技術品質院も開発に携わった。これら3つの機関は、入札から最終評価までの調達プロセスをブロックチェーンに記録することで、防衛調達オペレーションの「信用性」を向上させるとしている。

一方、国防科学技術を分析する8大分野は「指揮統制通信」「監視偵察」「機動」「艦艇」「航空宇宙」「火力」「防護」「その他」となる。「国別国防科学技術水準調査書」では、韓国の指揮統制とレーダー、水中監視関連兵器システム分野は、米国の約80%水準との評価だ。国防技術品質院は国外専門家130人を含む、合計362人の内外の専門家が参加することにより国別国防科学技術水準調査の信頼を高めたという。そもそも韓国人が大半を占める組織体では信頼度は薄いのでは…。

関連記事

[ 2019年04月18日 16:05 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp