韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米ステルス爆撃機B-2は撃墜不可能?発見さえすればJ-6でも倒せる

米ステルス爆撃機B-2は撃墜不可能?発見さえすればJ-6でも倒せる

2019年4月18日、米華字メディア・多維新聞は米国のB-2ステルス戦闘機について「発見さえできれば、すでに退役した古いJ-6戦闘機でも撃墜できる」とする文章を掲載した。文章の著者は中国の軍事作家「科羅廖夫」氏。

文章は「理論上、高度なステルス能力を持つB-2戦略爆撃機はほぼ撃墜が不可能である。現在理論上でB-2Aを撃墜できる可能性を持っているのはロシアと中国だけだ」とした。 そのうえで、「B-2Aを撃墜するためには機体を発見する必要があるが、これが最大の難題である」とし、同機の総合的なステルス能力が、体積と重量のはるかに小さいF-22AやF-35シリーズステルス戦闘機をしのぐと説明している。

また、「B-2戦闘機は体積が大きく、機動性に欠ける一方で、その機体は非常に滑らかなうえ、垂直尾翼などの構造がないため、ミリ波レーダーによる探測効果は非常に限定的である」と指摘。さらに、「赤外線、可視光、騒音といった面でも優れたステルス性を持っているため、発見が難しいのだ」と解説した。

スポンサードリンク
2019-04-22-k002.jpg

ステルス機はレーダー反射波を少なくするように形状が設計されており、表面に電波吸収材が使われているため、反射断面積が小さい。量子レーダー技術では照射波と反射波を独立した共振器オプトメカニクスで参照信号と反射信号の干渉を高感度に検出する。この原理は2013年に可視光に対して実証された後によりマイクロ波領域で使えるように改良されている。

中国は世界に先駆けて量子暗号衛星を打ち上げていることからわかるように、量子計算機、量子暗号研究の先端にいることは事実である。米国のステルス機が無力化すれば、もともとステルス機能と代償となっている運動能力の欠如によって、東アジアの制空権を失うことになるかもしれない。

関連記事

[ 2019年04月22日 08:24 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp