韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  特別な理由がない無職197万人、就職をあきらめる韓国の若者たち

特別な理由がない無職197万人、就職をあきらめる韓国の若者たち

韓国では文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後、失業者だけでなく、就職を断念する人が増えている。特に初めて就職するはずの20代で就職活動をあきらめる人が最も増えている。若者の就職を取り巻く状況の厳しさを示している。

就職も就職活動もしない人を指す非経済活動人口は4月現在で1616万人で、前年同期を0.4%上回った。うち育児や家事、就職準備、在学・受講、高齢などの特別な理由がないまま、無職でいる人は197万1000人で、22万2000人(12.7%)も増えた。関連統計を取り始めた2003年以降で4月としては最多だ。うち20代が最も増えており、前年同月(26万8000人)に比べ4万8000人(18%)も増えた。一方、育児・家事を理由とする非経済活動人口は698万4000人で、前年同月を9万9000人下回り、在学・受講、高齢を理由とする人もそれぞれ15万1000人、9000人減少した。

問題は特別な理由もなく無職でいる非経済活動人口の増加が一時的なものではなく、傾向となりつつある点だ。こうした人は17年5月から24カ月連続で前年同月を上回った。年別に見ると、16年の162万8000人から17年に173万6000人、18年には185万5000人に増え、今年に入って以降は4月まで平均207万人で初めて200万人の大台を超えた。

スポンサードリンク
働く意思はあるが就職市場の状況が厳しく、就職活動を断念した求職断念者は4月時点で48万7000人で、前年同月に比べ2万9000人(6.3%)増えた。これも現在の基準で統計を取り始めた14年以降で4月としては最多だ。求職断念者は16年の44万8000人から17年に48万1000人、18年には52万4000人に増え、今年は平均55万3000人だ。1月には初めて60万人を超えた。
http://www.chosunonline.com/

2017年度、韓国の15~64歳の生産年齢人口は3620万人となる。就職も就職活動もしない人を指す非経済活動人口は4月現在で1616万人となるとした。非労働力人口とは、その国の満15歳以上の人口のうち、病気などの理由で就業できない者と就業能力があるにも関わらず働く意思がない者を合計した人口で、韓国の場合44.6%となる。

特別な理由がない無職197万人というが理由が無いわけがない。自国で理由なしへと誘導するケースも多々あると聞く。結果として、失業率アップを図っているわけで、本来の在り方ではない。体感失業率がそれにあたる。そちらの方が正しい失業率に近い。

関連記事

[ 2019年05月16日 12:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
余裕の韓国
韓国の富裕層が斜め上目線で書くと、こういう記事になる、
だからどうだという話の展開がなくて、無職者は解決すべき
問題ではない。暗黙で、各人の自己責任の範囲だと。

理由なし無職 197万人
求職断念 48万人
在韓外国人労働者 200万人

問題は、無職者がどうやって食っているか。
日本のニートは親のすねかじりが大多数、たぶん
これと同じだろう。
[ 2019/05/16 13:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp