韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  北ミサイル情報の発表、日本に先を越された韓国が“苦しい言い訳”?

北ミサイル情報の発表、日本に先を越された韓国が“苦しい言い訳”?

2019年10月31日、韓国・JTBCによると、韓国軍が日本より10分遅れて北朝鮮のミサイル発射情報を発表したことについて「発表が遅れただけで感知は韓国の方が早かった」と説明した。

記事によると、韓国の合同参謀本部は同日午後4時50分に北朝鮮のミサイル発射の事実を発表した。しかしその10分前に日本の海上保安庁が同事実を発表していたため、合同参謀本部が発表した時にはすでに日本のメディアでも報じられていた。

8月24日に北朝鮮がミサイルを発射した時も、日本は韓国より12分早くメディアに発表していた。

日本の迅速な対応について、記事は「日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を前に、情報収集力を対外的に示す目的もある」と分析している。

スポンサードリンク
一方、合同参謀本部は「ミサイルの感知時間と発表時間は別だ」と主張。同部関係者は「詳細を述べることはできないが、地球は丸いため北朝鮮に近い韓国が日本より早く情報を知るのは当然」と話したという。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-11-01-k007.jpg

韓国軍と言うのは不思議な事を言う。 「発表が遅れただけで感知は韓国の方が早かった」 ならばサッサと報じるべきだろう。 わざと遅らしたほうがなお悪い。 こんな状態では情報の共有どころではない、対応が日本のほうが早いようでは、韓国軍の役目はない。

秒単位の遅れが命取りとなる。 そもそも韓国軍の感知が早いと言い切る異常さも普通ではない。ただ見えていただけでは、自国民の命は風前の灯となる。日本の対応が敏速で、韓国の対応が鈍足では、困るのではないか。自国を狙われたら終わりである。北朝鮮は着々と貧しいながらも、自国防衛、或いは先制攻撃となるミサイル技術向上に徹している。韓国軍は撃ち落としの訓練自体も無いに等しい。これではただ見上げているしかないが。

関連記事

[ 2019年11月01日 15:57 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
先を越された?
先を越されたも何も日本の発表を聞いて初めて気づいたのだろう。
過去にも北からのドローンの進入にも気づかなかったのだから。
[ 2019/11/01 17:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp