韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  リコール始めたが…現代車コナEVでまた火災

リコール始めたが…現代車コナEVでまた火災

相次ぐ火災のため現代自動車が自発的リコール(是正措置)に入ったコナ電気自動車でまた事故が発生した。京畿道(キョンギド)南楊州(ナムヤンジュ)消防署によると、17日、南揚州市瓦阜邑(ワブウプ)住民自治センターで急速充電中のコナEVの後部から発火したという。この1カ月余りの間にコナEVの火災が発生したのは今回が3度目。2018年のコナEV発売以降14度目の火災事故だ。

今回の火災の原因は、国土交通部など関係機関が調査するとみられる。電気自動車の火災が発生すれば爆発して車が全焼するケースが多く、火災の原因究明が容易でない。ただ、南楊州消防署などによると、今回の火災では車が全焼していないという。

現代車は16日から韓国国内で販売されたコナ電気自動車2万5000台を対象にリコールに入っている。海外市場での販売台数を含めるとリコール対象は7万7000台にのぼる。現代車はコナEVのバッテリー管理システム(BMS)をアップデートした後、異常があればバッテリーを交換することにした。匿名を求めた業界関係者は「16日の一日にコナEVのリコールは1000台ほどだった。2万5000台をすべてリコールするには1カ月以上かかるだろう」と話した。オンラインコミュニティーなどでは「バッテリーの全面交換でなくBMSのアップデートはリコールでない」という消費者の不満が出ている。

スポンサードリンク
火災の原因をめぐる対立もある。国土部は「高電圧バッテリーセルの製造不良による内部ショートで火災が発生する可能性が確認された」と説明した。しかしLG化学は「バッテリーセルの問題ではない」という立場を守っている。イ・ホグン大徳大自動車学科教授は「できるだけ早期にリコールを終えることが重要だ」と述べた。
https://japanese.joins.com/JArticle/271302?servcode=300§code=320

2020-10-19-k005.jpg

充電中に火災を起こした、韓国『現代自動車』の電気自動車「コナ・エレクトリック」2万5,564台がリコールとなった。現代自動車で製造、販売したコナ電気自動車は、車両の充電完了後、高電圧バッテリーの電池セルの製造不良による内部短絡で火災が発生する可能性が確認され、10月16日から是正措置(ソフトウェアの更新と点検後、バッテリーの交換)に入るとした。コナ・エレクトリックは2018年に発売されてから韓国で9件、海外で4件の13件の火災が発生した。最近では先月26日に済州(チェジュ)、今月4日に大邱(テグ)で充電中に火災が発生した。

現代自動車の電気自動車「コナEV」で相次いで火災が発生した中、米ゼネラルモーターズ(GM)、独BMWなどが生産した電気自動車とプラグインハイブリッド(PHEV)自動車でも火災の危険性が提起され販売が中断される事例が続いている。共通して韓国企業が生産した二次電池(バッテリー)が火災原因として指摘されている。ボルトEVに使われるバッテリーは全量LG化学が供給する。LG化学はこのバッテリーを忠清北道(チュンチョンブクド)の梧倉(オチャン)工場と米ミシガン工場で製造した。

関連記事

[ 2020年10月19日 09:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp