韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  アンモニアでクリーン水素生産の道が開かれた韓国

アンモニアでクリーン水素生産の道が開かれた韓国

これまで規制のため、韓国国内では不可能だったクリーン水素のパイロット設備が整えられるようになった。規制サンドボックスの実証特例を確保してからだ。

大韓商工会議所のサンドボックス支援センターと産業通商資源部は5日、「産業融合規制サンドボックス審議委員会」を書面で開き、△アンモニア基盤の水素抽出設備の構築および運営(ロッテ精密化学)、△廃潤滑油をリサイクルした低炭素潤滑機油の生産(SKルブリカンツ)、△スマートラベル(QRコード)を活用した食品表示簡素化(農心などの6社)など、14件を承認したと明らかにした。

これを受け、まずロッテ精密化学は、蔚山(ウルサン)事業所に世界最大規模のアンモニア水素抽出パイロット設備を構築する計画だ。アンモニアを水素と窒素に分解後、窒素を除去して水素だけを抽出する環境にやさしい水素産業のコア設備であり、これまで関連設備に関する安全基準がなく、製造許可および検査自体が不可能だった。今回の実証事業に基づき、関係府省は当該設備に関する安全基準を設けていく予定だ。

スポンサードリンク
SKルブリカンツも、これまで国内で潤滑油の原料として使用できなかった廃潤滑油の混合物質でリサイクル潤滑油を作る事業に着手することになった。規制サンドボックス審議委は、「資源循環経済の造成と炭素中立寄与の側面で、廃潤滑油を活用した低炭素潤滑油生産の実証の必要性を認める」とし、生産製品は石油管理院を通じて品質検査を進め、その結果を関係機関に常時共有することを条件に実証特例を認めた。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220906/3618694/1

2022-09-07-k003.jpg

各国政府レベルによるネットゼロ宣言を受け、世界各地でクリーンエネルギーへの移行が検討されています。現在はパイロットプラントが中心ですが、2030年、2050年に向け、究極のクリーンエネルギーである水素を低コストで大量に製造し、サプライチェーンを構築して流通させるプロジェクトが本格化する。

水素サプライチェーンに関わる事業者には、水素の価格に直接影響する、設備導入費用(CAPEX)と運転・維持費用(OPEX)、両方の低減が求められます。さらに将来の大容量化を視野に入れた検討も不可欠です。

大容量の水素を製造し、貯蔵、輸送して、利用する各工程において「昇圧」が欠かせない。この昇圧工程においてコンプレッサが必要となりますが、大容量の水素を昇圧するのに適したコンプレッサが現時点ではない。三菱重工の遠心式水素コンプレッサは、次の3つのコンセプトを有している。

高性能、軽量かつコンパクト、設置やメンテナンスが容易で、水素は地球上で最も軽い気体(分子量2)で、昇圧にはインペラ(羽根車)の回転数を可能な限り速く(高周速化)する必要がある。また、水素には材料を脆くする特性(水素脆化)があるため、水素コンプレッサには、脆化に耐える材料選定と高周速化の両立という高い技術力が要求される。

三菱重工は小流量から大流量まで幅広いアプリケーションに最適なインペラを持ち、高性能な水素コンプレッサを提供する。

関連記事

[ 2022年09月07日 08:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp