韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  すぐに謝る日本人と対照的、なぜ中国人は謝らないのか

すぐに謝る日本人と対照的、なぜ中国人は謝らないのか

外国人が日本人に抱く印象のうち、「日本人はお辞儀ばかりしている」というものがある。日本人のお辞儀には「挨拶」としてのお辞儀もあれば、「謝罪」としてのお辞儀もある。お辞儀の意味が曖昧であるように、「すみません」という言葉も曖昧だと言える。

「すみません」という言葉は本来は謝罪の意味だが、「ありがとう」という意味で「すみません」という言葉を使用している人も多いはずだ。日本人は中国人に比べて、「すみません」という言葉を使用する機会も、耳にする機会も多いだろう。なぜなら、中国人はまず謝らないからだ。 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で中国語を教えているという中国人の手記として、「日本人の生徒に、なぜ中国人は謝らないのかと尋ねられた」という記事を掲載した。 記事は、日本であれば謝ることが普通の事態であっても、中国では「誰も気にしない小さなこと」として、誰もが謝罪の言葉を口にしないと指摘。中国人にとって「対不起(すみません)」と口にすることは「非常に深刻な事態」に見えるものであることを指摘し、中国人も深刻な事態であれば当然謝るが、小さなことではいちいち謝らないと紹介した。

一方、日本人は平素から謝罪や感謝の言葉を口にするが、「責任重大な大事」であればあるほど責任と言葉を曖昧にする傾向があると指摘。これは日本人にとっては耳が痛いところだが、確かに一理あると言える。立場が上になればなるほど、責任を取らない政治家や経営者は確かに多い。


スポンサードリンク


日本人にとって「すみません」という言葉は日常的に使う軽い意味の言葉であるのに対し、中国では深刻な事態において使用する、重い意味を持つ言葉なのだ。また、日本人と中国人の言葉の意味合いの違いは「すみません」だけではなく、「ありがとう」も同様だ。親しき仲にも礼儀ありと考える日本人に対し、中国人は親しければ親しいほど「ありがとう」という言葉は使わない。中国人にとって、ありがとうという言葉は「他人行儀」なものであり、よそよそしいものなのだ。これだけでも日本人と中国人には国民性に大きな違いがあることが分かるだろう。
サーチナ
http://news.searchina.net/id/1608478?page=1

2014-04-13-wa-1.jpg

【管理人コメント】
日本人でも謝らない人が多くなってきましたが…苦笑
何かにつけ腰が低いのは事実。
昔の企業であれば世渡り上手と言ったところでしょうか…。

面倒な事は謝ったほうが早いわけで、忙しい日本社会である。
厄介なのは排除したいと思うと自然に腰が低くなる…苦笑

日本企業社会の中では腰が低いほうが、話しやすく良いのではないか。
最も重役で腰が低い連中は注意が必要だが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年04月27日 18:39 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)
中国人はどんなに自分に非があっても自分が悪いと認めない。誤らない。明らかに自分のミスと分かると逃げる。つまり責任をとるという考え方がない。こんな信頼できない民族は世界にいない。
日本人が腰が低いのは、裏を返すとどんな小さなことでも責任をとるという気概があるからだ。たから日本人は世界でも信頼される。
中国人のお粗末な気質と同等に比較されるのははなはだ迷惑だ。
[ 2016/04/27 23:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp