韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国自動車市場、軽自動車販売台数が準中型を上回る

韓国自動車市場、軽自動車販売台数が準中型を上回る

韓国自動車産業協会によると、今年1~5月の韓国の軽自動車販売台数は7万2145台で、準中型車(6万9978台)を2000台以上上回った。韓国GMのスパーク、起亜自動車のモーニングが激しい販売競争を繰り広げた結果、準中型車(7車種)の合計販売台数を抜いた形だ。

仮に年間でも軽自動車が準中型車を抜けば、国民的軽自動車と呼ばれた「マティス」が発売された1998年以来となる。 自動車業界では、軽自動車が好調な売れ行きを示す最大の理由として、スパーク、モーニングのプライドを懸けた販売競争を挙げる。スパークとモーニングは軽自動車市場の覇者を目指し、それぞれ100万ウォン(約8万9600円)の割引を実施。さらに、200万ウォン相当のLGフリースタイル冷蔵庫、サムスン無風エアコンなどの家電製品を贈る販促競争を展開した。

その結果、スパークは1-5月に3万5128台を売り上げ、軽自動車部門で首位となり、自動車市場全体の車種別で3位となった。下半期に新車発売を予定しているモーニングは2位の2万8958台だった。起亜自のレイ(8059台)を加えると、軽自動車全3車種の販売台数が準中型7車種を上回った。準中型車市場には、現代自アバンテ、起亜自K3に加え、現代自のエコカー専用モデルであるアイオニックが加わったが、それでも軽自動車に敗れた。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/21/2016062100571.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
中国は前年比4.7%増の2460万台(世界の26.8%)となり、7年連続で世界最大の市場となった。米国は景気回復や原油価格の下落、低金利などにより需要が拡大し、前年比5.9%増加した1784万台となり、世界2位を維持した。日本は市場規模3位を維持したものの、税率引き上げにより軽自動車の販売台数が減少し、前年比9.4%減となる504万台となった。4位はドイツ(354万台)、5位はインド(342万台)、6位は英国(306万台)、7位はブラジル(257万台)、8位はフランス(235万台)、9位はカナダ(194万台)だった。

世界市場での自動車販売は前年比1%増となる9165万台となった。最も多くの自動車を生産した国は中国で、米国が2位、日本が3位だった。韓国は5位だった。

昨年9月には、中央日報が軽自動車の主な消費層の20・30歳代の購買が減ったのも軽自動車販売不振の原因に挙げられる。就職難が長期化し、生涯最初の車の購入年齢が高まり、車級も準中型級に変わった。韓国自動車産業協会によると、昨年20歳代が購入した乗用車は10万9671台と、2013年(11万1558台)に比べ1.7%減少した。新規登録車のうち20歳代の購買比率も同じ期間に9%から8%に落ちたと報じている。

そして今年1~5月の韓国の軽自動車販売台数は7万2145台で、準中型車(6万9978台)を2000台以上上回った。とはいえ、韓国の軽自動車市場が冷え込んでいる。原油安が続いているのに加え、ユーザーの消費パターンが変化した結果だ。 自動車業界によると、韓国で昨年販売された軽自動車は17万3418台で前年(18万6702台)に比べ1万3284台減少した。 先月は韓国完成車メーカーが100万ウォン(約9万8000円)以上の割引を行う攻撃的なマーケティングに乗り出したが、軽自動車の販売台数は前年同月比14.1%減少した。前月比では42.6%減となった。 韓国の自動車市場で軽自動車が占める割合は2013年の11.9%から14年は11.3%、昨年は9.5%と下落が続いている。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月21日 09:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
アイオニック不振
この記事一番のビックリは、期待のハイブリッド車アイオニックが
売れていないという話です。このクルマは、発売初期の販売を
完全に失敗したようだ。
高い、狭い、かったるい走り、うけが悪いのが台数に出た。

経済悪化だから、コンパクトカー(記事が言う軽自動車)の
台数が伸びるのは当然のこと。
[ 2016/06/21 11:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp