韓国経済.com

韓国経済を中心に、アジアの政治と経済ニュースを提供致します。韓国経済ニュースを様々な視点から紹介するサイトです。韓国経済崩壊ニュースだけでなく、関連情報を含めて韓国経済ニュースやアジアの経済を解りやすく紹介します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  円・ウォン為替、1年ぶりに3桁に…安倍「トランプ、緩和政策による円安に理解」

円・ウォン為替、1年ぶりに3桁に…安倍「トランプ、緩和政策による円安に理解」


お勧め記事


ウォン・円の為替レートが、15日の終値基準で1年ぶりに100円当たり1000ウォン以下に落ちた。米日首脳会談の後、円・ドル為替の上昇(円安)が弾みをつけたためだ。安倍晋三首相は、「アベノミクス」政策推進による円安は為替操作ではないということについてトランプ米大統領の共感を得たと言及した。ドルに対してウォンと円の価値の行方が錯綜し、韓国の輸出にとって悪材料になるという懸念が出ている。

同日、ソウル外国為替市場でウォン・円の裁定為替レートは前日より4.58ウォン(-0.46%)下落した100円当たり999.08ウォンで取引を終えた。ウォン・円為替相場が終値基準で3桁を記録したのは、昨年2月1日(989.12ウォン)以来初めてだ。 10日の米日首脳会談後、ドル・円為替レートはドル高円安傾向を見せている。ブルームバーグの資料によると、円・ドル為替は今週に入り上昇傾向(円安)になり、14日(現地時間)には約2週間ぶりに1ドル当たり114円台となった。安倍首相は15日、議会で米日首脳会談の結果を説明しながら、日本銀行の金融緩和政策と関連して「為替操作ではなくデフレ脱却に向けたものだということに(米国側の)理解を得た」と述べたと日本経済新聞が伝えた。トランプが円安を容認したものと解釈され、当面ドル高円安を示す可能性が大きい。

しかし、ウォンは事情が違う。米財務省が為替操作国(深層分析対象国)に指定する為替報告書を出す時期が4月に差し迫った状態だ。また、トランプが保護貿易主義を強調し、昨年末に急騰したドルはトランプ当選前の水準に戻った状態だ。


スポンサードリンク


これに対し最近輸出が回復傾向を示しているが、下半期から増加傾向が再び鈍化し、今年の韓国の景気を支えるほどの役割を負うのは難しいだろうという分析が出た。産業通商資源部による集計によると、1月の輸出(通関基準)が2桁の増加傾向を示し、昨年11月以降3カ月連続でプラス成長を持続するなど、この3年間持続してきた輸出の減少傾向が終わりつつある。輸出が最悪局面から脱するようすだ。しかし、LG経済研究院は15日に出した「輸出景気診断」報告書で、世界景気の回復力が弱い上、米国のウォン切り上げ圧力が輸出の活力を弱体化させる公算が大きいと指摘した。

LG経済研究院のカン・ジュング研究委員は「短期的に米国の反ダンピング・相殺関税など、非関税障壁が拡大される余地が大きく、トランプの為替操作国発言以来ウォン切り上げの圧力が高まっているが、4月に米財務省の為替報告書が出るまでは、外貨当局が為替安定のために介入することも難しい状況」だと話した。韓国を為替操作国としてすぐに指定しなくても、継続的な「為替発言」を通じて緊張感を維持させ、実際にウォン高にとどまるようにする効果を続ける可能性もある。カン研究委員は「昨年下半期以降に現れている世界景気の好転の流れを、韓国の輸出業界が十分に活用することが難しくなるという意味」だとし、「今の輸出の増加傾向が、下半期には物量・金額いずれも鈍化する可能性が大きい」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26527.html

【管理人 補足記事&コメント】
自動車が売れない現代自とはいえ、700万台規模は維持するであろうと考えれば、利益は減少してもサムスンと現代自は、莫大な自社負債の懸念を除けば、今年も程々となる。サムスンはより一層半導体事業で業績を伸ばすだろう。ただ中国次第ともいえるわけで、サムスンが好調になるほどに、中国に輸出する半導体は増えて、中国としては半導体分野で赤字拡大となるだけに、今年は技術と半導体工場拡大に必至だろう。

韓国の海運と造船は見通しはないのだが、サムスン依存の韓国経済としては大助かりとなる。、現代自とSKハイニックスなどの上位企業と合わせれば、GDPの60%以上ただき出すわけで、サムスン様様と言ったところだろうか…。一方サムスンは、スマホ事業が好調になる前のサムスンに戻ったわけで、とはいえ企業規模は当時より大きいので、さらに半導体受注数は多くなる。このまま行けば今年も昨年並みの韓国経済を維持することになる。

そう考えると韓国経済は安泰に感じるのだが、昨年から通貨危機危険年に入ったと考えれば、安心はできない。経済低迷とは言え、通貨の急激な落ち込みは、流動する通貨量が偏りを増し、ウォンの価値が大きく下落すれば、韓国経済は低迷と言われる程度でも、通貨危機は発生するわけで、個人的にはそちらのほうが恐ろしい。サムスンや現代自は世界企業であるから、傘下に入ることはあっても倒産することはないだろう。もっともサムスンが倒産したら日本のメガバンクは困りごとでは済まないが…。

一方日本は現時点で1ドル114円規模。円高か円安かで常にもめるわけで、この値がほぼ理想値ではないかと思うが…。一方ウォンはややウォン高に向かっている。為替の影響を受けやすい造船業で1ドル1125ウォンが損益分岐点と考えれば、現在1135ウォンであるから、全産業で利益が出る値を維持している。それでも経済低迷であるから、シェア確保で現実の損益分岐点はもっと厳しい値となっているだろう。




関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月16日 09:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
仕掛け⁉
ウォン高とか言ってる場合なのかな。
大暴落の前の仕掛けに見えるのは、私だけですか?
[ 2017/02/16 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL