韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】ギャラクシーS8、中国で発売・・・中国市場で再成長したい

【韓国経済】ギャラクシーS8、中国で発売・・・中国市場で再成長したい

サムスン電子の「ギャラクシーS8」が世界最大スマートフォン市場である中国の攻略に乗り出した。サムスン電子は18日午後、中国北京にほど近い古北水鎮で新製品発表会を開き、ギャラクシーS8とギャラクシーS8+をリリースした。万里の長城のうち、最も美しい区間と言われている司馬台長城を背景にした野外特設ステージで行われたこの日の行事には、現地関係者や記者など1000人が参加して大きな盛り上がりを見せた。

この日、ギャラクシーS8を手に登場したのはサムスン電子無線事業部の高東眞(コ・ドンジン)社長だった。高社長は「1992年にサムスン電子が中国に初めて進出して以来、中国は25年間、サムスンにとって最も重要な市場だった」とし「ギャラクシーS8とギャラクシーS8+を通じて中国消費者にも最高のモバイル経験を提供していきたい」と強調した。

中国市場におけるギャラクシーS8の成否には大きな意味がある。昨年、中国内のスマートフォン出荷量は4億7000万台で、世界のスマートフォン市場の30%を占める。だが、サムスン電子のことし1-3月期の中国スマホ市場シェアは3.1%で6位にとどまった。3年前の20%から大幅にシェアを落とした。

サムスン電子はこれまでの不振を挽回するために中国に特化した多様なマーケティング戦略とイベントを展開していく考えだ。これまでほとんどの国では計4種類のカラー(ミッドナイトブラック、オーキッドグレー、メープルゴールド、コーラルブルー)のうち3色を先に発売した。だが中国では4色を一度にすべてリリースする。 サムスン電子は中国に特化した製品とサービスを提供するために、生産基地9カ所、研究開発(R&D)センター7カ所と4000人越える人材が現地のデザインセンターで働いている。

特に、今回のギャラクシーS8の最も大きな特徴である知能型インターフェース「Bixby」も中国オンラインサービス企業と連係し位置検索・ショッピングサービスなどを提供する予定だ。中国の代表的なコンテンツ企業テンセント、最大ソーシャルメディア微博(ウェイボー)、中国版Netflix(ネットフリックス)と言われるIQYIYとも提携し、ギャラクシーS8関連のマーケティングイベントを行う。
http://japanese.joins.com/article/

【管理人 補足記事&コメント】
調査会社IDCの発表によると、2016年の中国スマートフォン市場で国内勢のオッポ(OPPO)が首位、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)が2位、3位がビボ(vivo)と、中国勢がトップ3を独占したと伝えている。アップルiPhone出荷が昨年10~12月期(第4四半期)に減り、競争激化に伴い「アイフォーン7」が大ヒットとならなかったことを浮き彫りにした。 米アップルと韓国のサムスン電子は、中国の小米が台頭した11年ごろから、中国勢にシェアを奪われている。IDCのリポートでは、オッポと華為、ビボの3社で昨年の出荷シェアの48%を占め、アップルは4位に後退したという。小米(シャオミ)は5位となった。

アップルはアイフォーンの出荷を16年に23.2%減らし、市場シェアを9.6%と、約2年ぶりの低水準となった。サムスンはトップ5にも入らなかった。中国スマホ市場でアップルとサムスン電子の後退が一段と鮮明になっている。



関連記事
最新コメント

お勧め記事

ブログパーツ
[ 2017年05月20日 10:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL