韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  江陵・原州に続き束草・春川でも、平和の少女像建立相次ぐ

江陵・原州に続き束草・春川でも、平和の少女像建立相次ぐ

ハンギョレ新聞は、江原地域で日本軍「慰安婦」問題解決のための平和の少女像建立が相次いでいると報じた。束草(ソクチョ)平和の少女像建設市民推進委員会発足準備委員会は15日午前11時、束草市庁のブリーフィングルームで記者会見を行い、平和の少女像束草建設計画を明らかにする予定だ。束草では束草女性人権センターが2017年の事業として、平和の少女像建設を計画し、今年4月から地域の市民社会団体13団体と協議して、発足準備委員会を設けた。

発足準備委は記者会見を基点に平和の少女像建設計画を公開し、8月14日に市民推進委員会を発足させて、募金に乗り出す予定だ。除幕式は12月10日の世界人権の日に合わせて行う予定だ。束草平和の少女像建設市民推進委員会のカン・ソクテ発足準備委員長は「市民の自発的な募金を通じて建設される平和の少女像は、人間尊重と平和を愛する地域文化の中心になるだろう」と話した。束草に続き春川(チュンチョン)でも市民が来月4日に春川平和の少女像建設推進委員会を発足させる。先月12日に30人あまりで始めた建設準備委員会は、市民の参加が増えて現在410人あまりが活動している。





建設推進委は発足と同時に市民を対象に本格的な平和の少女像建設キャンペーンと募金活動に乗り出す。準備委は1億ウォン(約1千万円)程度を集め、このうち4000万ウォン(約3900万円)は平和の少女像建設費として使い、残りは「慰安婦」問題解決と被害者の名誉・人権回復のための教育事業に使う計画だ。平和の少女像の建立場所としては、新たに建設中の市庁庁舎前公園と明洞(ミョンドン)通り、道庁前公園、旧キャンプページ跡、孔之川(コンジチョン)などが候補に上げられている。クォン・オドク建設準備委共同執行委員長は「平和の少女像建設自体より、最大限多くの市民が参加して日本軍慰安婦問題解決のために共にするムードを作ることに重点を置いている。推進委が構成されれば、市民の意見を反映して時期と場所を決める」と話した。

【管理人 補足記事&コメント】
慰安婦像は、主に大韓民国に多数設置されている朝鮮人慰安婦の少女を模したとされる像で、そのほとんどがブロンズ像だが制作者の違う石像などもある。韓国の日本大使館や領事館前に設置されたほか、韓国系の勢力や団体により一部、北アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパにも設置され、日韓の外交問題に発展している。その数は、2016年中に韓国国内外で50を超えると予想されている。いわゆる韓国側が「平和の少女像」と呼称する作品以外の慰安婦像も存在する。

朴槿恵が歴史問題を慰安婦問題に切り替えてから、慰安婦像を作りまくっているが、論外だろう。日本政府の対応が甘いから韓国の連中が調子に乗るわけで、莫大なODAでインフラに日本が貢献し今の韓国があるかを知ってもこの状態では、付き合う国以前の問題となる。外交する国ではない。世界から孤立させても、引き離すべきで、独り立ちすらできないでアメリカや中国にしがみつき、挙句に日本に対して上から目線では、本来逆だろう。この国のバカさ加減に付き合っているほど暇ではない。日本政府もいい加減に厳しい対応で臨んで欲しいものだが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月15日 09:23 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(2)
日本の野党と同じです
彼の民族のやり方は、日本のためにならないことなら、何をやっても良いという日本の野党と同じです。
日本の野党は、彼の民族の意向を損託しているんですかね。

どちらも日本の恩恵に浴してヌクヌクと生きているのに、情けない。
[ 2017/06/15 11:10 ] [ 編集 ]
誤字でした
×損拓 ○忖度 でした。
[ 2017/06/15 11:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp