韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国で増加し続けている“報復運転”の恐ろしさ

韓国で増加し続けている“報復運転”の恐ろしさ

神奈川県内の東名高速道路で夫婦が死亡した事故の影響で、日本では“あおり運転”が社会的な問題となっている。前方の車との距離を詰めるなどの“あおり運転”は、車を運転したことがあるドライバーなら一度は経験したことがあるであろう身近な問題だ。

警察庁によれば、道路交通法違反の車間距離不保持で摘発されたケースは7625件(2016年)に上るという。あおられた経験のあるドライバーが過半数に上るという報道もあっただけに、社会的な関心が集まるのも当然かもしれない。実は“あおり運転”が社会問題となっている国が他にもある。お隣・韓国だ。韓国では“あおり運転”ではなく、“ポボク(報復)運転”と呼ばれている。

相手の車を追いかけまわしたり、相手の車の前でスピードの加速と減速を繰り返して威嚇したりするだけでなく、最後はわざと急ブレーキを踏んで追突事故を起こさせるというのだからタチが悪い。自分の命にも関わりかねない、狂気じみた危険行為を行っているのだ。





そもそも韓国は日本に比べて交通事故が多いことで知られている。若干数字は古いが2013年の交通事故の件数を見ると、日本は62万9021件(警察庁交通局)、韓国は111万9280件(韓国道路交通公団)だ。交通事故そのものが多いため、韓流スターやアイドルが交通事故で命を落とすといった悲報が数年に一度は入ってくる。

それに加えて、最近の報復運転である。韓国では昨年7月から報復運転の処罰を強化した。しかし、韓国警察庁の資料「報復運転摘発現況」によれば、申告件数は4969件、検挙者は2168人となっている(2016年)。一日13.6件の報復運転が発生し、6人が検挙されていることになる。2015年の検挙者数が927人であることからも、急増していることがわかるだろう。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
毎日新聞は、神奈川県内の東名高速道路で夫婦が死亡した事故で危険性がクローズアップされた「あおり運転」。前方の車との距離を極端に詰めてあおるなど、道路交通法違反の車間距離不保持で昨年に摘発されたケースは7625件に上ったことが警察庁への取材で分かったと報じている。民間の調査でも過半数のドライバーが「あおられた経験がある」と回答しており、危険運転の横行がうかがえる。専門家は「あおられても冷静な対応を」と呼びかけている。 詳細はこちら

運転中の感情ストレスを分類したところ、最も多かったのが「立腹・イライラ」で全体の30.6%を占めた。具体例として「あおられることは頻繁。確かに腹は立つ」「車間距離をあけて走っているところへ、いきなり曲がってきたり、パッっと割り込んでくる車があると、カっとなる」などとある。他の車に割り込まれたりしても、とにかく冷静さを保つことが先決だ。怒りにまかせてクラクションを鳴らしたりして事を荒立てては、事故を招く可能性が高まるだけ。理不尽だとは思っても、下手に「お付き合い」しないことで自分を守るしかない。

韓国の危険な報復運転、原因は“怒り調節障害”…。歴史依存病やらうつ病やらを背負う韓国社会では、「普段は穏やかなのに、ハンドルを握ると別人になる」という話ではないようだ。韓国では別人どころか犯罪者になってしまうといっても大袈裟ではない…。


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月22日 10:22 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp