韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本の建築物を見てみろ!…「どうりで地震が来ても怖くないわけだ」

日本の建築物を見てみろ!…「どうりで地震が来ても怖くないわけだ」

地震の多い日本では耐震基準が厳格に定められている。そのため、中国人から見ると「日本の建築物は丈夫で優れている」と感じられるようだ。中国メディアの網易は23日、耐震性、保温性、防水性ともに優れた日本の建築方法を称賛する記事を掲載し、「どうりで毎日地震が来ても怖くないわけだ」と感心した。

日本では震度1の小さなものも含めると非常に多くの地震が起きている。気象庁によれば、震度1以上を観測した地震は、2015年は1842回、16年は6587回に達した。16年は1日に平均18回も地震が起きた計算になるが、日本の建築物の災害対策がしっかりしているのもうなずける。記事は、同じ場所に家を建て直した一軒家を例にとり、日本の建築がいかに優れているかを紹介している。

日本の建築について、記事が注目したうちの1つは「地盤調査」だ。2000年に建築基準法が改正され、建物の基礎の選定には地盤の許容支持力だけでなく、沈下量も考慮することが定められた。記事が紹介したこの建物では、「表面波探査法」を採用。これは人工的に小さな地震を発生させ、地盤支持力と沈下量を数値で知ることができる方法だ。この建物の地盤は十分な数値が得られたため必要なかったが、必要な場合は地盤改良工事などを行うことになる。





さらに、床や壁に断熱材を入れたり、屋根の下葺き材には防水シート、ベランダにはFRP防水(ガラス繊維強化プラスチック)を使用したりして、保温性や防水性にも細心の注意を払っていることを紹介した。さらに、この家には太陽光パネルが設置されているが、日本では地方自治体からの補助が出るとも伝えた。

記事は、日本の一戸建ての建設の全過程を通して分かったことは、「新しい技術をよく取り入れている」ことだと感心、災害に備えた質の高い建設を称賛した。無駄がなく、安心して住める日本の住宅。しかも、不動産の高額な中国と比べれば安く感じられる。日本の建築方法に中国人が感心するのも当然と言えそうだ。
http://news.searchina.net/

1995年当時、台湾商社マンと中国深センのある企業に出向いた時に、返還前の香港を経由したわけですが、地震が少ない香港の高層ビル建築現場を見ると、台湾商社マンは「地震が来たら終わりですよ」と語ってましたね。耐震工事は実施していないので、最上階でも強い風が吹けば揺れるのだそうだ。当時は香港から深センまで工事だらけで、ものすごい勢いで工事が進んでましたが、「もし大地震が来たら、香港から深センの高層ビルはすべて崩壊するでしょう~」。笑いながら説明をしていたのを思い出しました。

香港で見た工事現場の足場は太い竹棒ですからね~。上に行くほどに足場はしなるわけで、それでも建物はまっすぐに建築しているのが何とも不思議でしたね~。今はどうか知りませんが…。 異常気象で台風や地震などに襲われれば、あっという間に大惨害と化すわけで、挙句に手抜き工場は当時から普通に実施されていると台湾商社マンは語っていたので、高層ビルの強度は想像以上に弱いようです。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月28日 17:39 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp