韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国を黙らせる必殺ワザ…韓国経済を潰す効果的な攻撃

韓国を黙らせる必殺ワザ…韓国経済を潰す効果的な攻撃

10月30日、信じられない判決が、韓国の最高裁にあたる大法院で下された。戦時中に「強制労働させられた」と訴える元徴用工に1人当たり1億ウォン(約1000万円)の賠償を、当時の雇用主であった新日鉄住金に命じたのだ。外信部記者が解説する。

「いわゆる徴用工とは、第二次世界大戦中、日本の統治下にあった韓国で、日本企業によって労働者として徴用された人たちのこと。この徴用工に対する補償問題は、1965年の日韓請求権協定で解決済みだったはず。ところが、この協定を事実上、反故にした判決には、韓国の文在寅大統領による日本政府への嫌がらせの意図があったのは明白。北朝鮮政策で足並みをそろえない安倍総理に対する挑発行為にほかなりません」

この判決に対し、安倍総理は国会で「国際法に照らせばありえない判断。国際裁判も含めあらゆる選択肢を視野に、毅然として対応していく」と断言し、徹底抗戦の姿勢を打ち出した。しかし、島根県・竹島を不法占拠するなど、これまでも幾度となく反日暴走を繰り返してきた韓国だけに、慰安婦や徴用工などの象徴的な問題で、今後も国際社会に日本失墜を企てることは想像に難くない。今回の徴用工問題で、日本に対するやりたい放題が極まった感すらあるが、いったい、どうすれば彼らを黙らせることができるのか。

スポンサードリンク
作家で経済評論家の渡邉哲也氏が強調するのは、韓国に対する兵糧攻めの有効性である。「現在、韓国の銀行はドル決済が、単独ではほとんどできない状況。国策銀行である韓国産業銀行や韓国輸出入銀行も造船融資の焦げ付きなどで信用がなく、それを日本のメガバンクが保証枠を与えて支援している構造になっているんです」

つまり、韓国経済は日本頼みの状況で早い話、韓国へのジャブジャブの援助をする蛇口を閉めてしまえばいいのだ。その蛇口の役割をしているのが日本の金融庁だとして、渡邉氏が続けるには、「韓国相手のいちばん効果的な方法は、日本の金融庁が国内の銀行に対して『ウォン建ておよび韓国関連の保証債務の評価の引き下げ』『リスク区分の引き上げ』を行うこと。そうすると必然的に日本の銀行が韓国から手を引き、韓国はドル決済ができなくなって潰れてしまうんです」
https://www.asagei.com/

元航空幕僚長の田母神俊雄氏が語る。「その意思さえあれば、韓国を経済的に追い込むことはいとも簡単です。韓国のGDPに占める輸出依存度が約50%であることに比べ、実は、日本の輸出依存度は15~16%と、世界で3番目に低い。日本にとっては韓国との貿易をやめたところで、GDPが数%下がるだけ。逆に韓国にとっては大ダメージです。日本は金属、油、シリコンウェハーといった資本財が、輸出貿易の8割以上を占めているんです。これは日本の圧倒的な強さなんですよ」…。

韓国経済を知る人たちにとって裏技でも何でもない事だろうと思うが、日韓貿易を止めるには今のタイミングでは無理がある。日本企業が進出している状態では、日本企業自体に影響が及ぶ。それには時間を稼ぐだけでなく、企業側の協力が必要となる。また日韓貿易の2兆円の黒字はどこで補てんするのか。状況を考慮したうえで、日本側の準備を整えて対応する必要がある。まして米中貿易は後2年間は続く。さらに言えば、みずほ銀行はサムスンに融資したまま、完全に返却されていない。韓国を潰すにしても来年不動産元本返済で大きな打撃を受ける。だが日本傘下の銀行や金融業者も打撃を受けるわけで、それらの対応策が先となる。

関連記事

[ 2018年11月21日 08:29 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp