韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  半導体・石油化学も好況終わり…韓国、来年の主力産業すべて不振

半導体・石油化学も好況終わり…韓国、来年の主力産業すべて不振

来年には内外の景気が下降局面へと続く中で成長を支えるほどの主力産業が消えるという分析が出てきた。半導体と石油化学などの好況が終わるのに対し、不況に陥った鉄鋼と自動車などは回復の兆しが見えないという説明だ。

現代経済研究院は18日、「2019年主要産業別景気見通しと示唆点」と題する報告書を通じ、「今年は半導体の好況が情報通信技術(ICT)景気を牽引したが、来年には半導体需要が鈍化し、ディスプレーパネルは減少傾向が続くだろう。ICT産業は後退局面に進入する可能性が高い」と明らかにした。研究院は今年半導体とともに輸出の二本柱だった石油化学もグローバル需要鈍化で成長が頭打ちになると予想した。すでに沈滞局面に進入した自動車と鉄鋼は厳しさが加重されるとし、造船は微弱な回復傾向が現れると予想した。

韓国の主要産業が景気周期の後退(ICT、石油化学、機械)、沈滞(自動車、鉄鋼建設)、回復(造船)の局面に置かれているのに対し、好況が期待される業種はひとつもないというのが研究院の説明だ。現代経済研究院のチョン・ミン産業分析チーム長は「主力産業の競争力を高めて新たな成長動力を確保するよう中長期産業戦略をまとめなければならない」と話した。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
2011年から製造業の生産品目(2600余個)のうち、上位に位置する売上高を記録するのが軽油だ。軽油に次いで半導体やテレビ用LCDさらにはスマホと続く。一方、宿泊・飲食店の場合、従業員は全体の10%水準だが、売上高は全体の2%以下に過ぎない。全国の事業体数をみると、卸・小売業が26%規模で最も多い。百貨店、大型割引店、コンビニエンスストア、町内の商店などがすべて含まれるめだ。小売事業体6%はフランチャイズ加盟業者となる。

年間売上高1位の産業は製造業は、全産業売上高の30%を占める。次いで、卸・小売業の18%、金融・保険業の17%、建設業の6%という順になる。

関連記事

[ 2018年11月19日 09:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp