韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  業績が悪すぎた?サムスンが異例の予想発表

業績が悪すぎた?サムスンが異例の予想発表

2019年3月26日、韓国・マネートゥデイによると、サムスン電子が「半導体メモリとディスプレイの不振により今年1~3月の業績は市場の期待水準を下回る」との予想を発表した。 記事によると、サムスンは来月5日に暫定実績を発表する予定で、その前に自ら業績状況を説明するのは今回が初めてという。「市場ではサムスンの今年1~3月の営業利益が7兆ウォン(約6800億円)台と予想されているが、実際は7兆ウォンに満たない可能性もある」と伝えている。

金融情報企業によると、証券会社らが予想するサムスンの今年1~3月の業績の水準は売り上げが53兆6427億ウォン、営業利益が7兆9809億ウォン。暫定実績の発表日が近づくにつれて見通しを下方修正する証券会社が増え、平均予想値は低下し続けている状況だという。 証券会社の予想通りの業績だとしても、昨年1~3月(売り上げ60兆5637億ウォン、営業利益15兆6422億ウォン)と比べると、営業利益は半分の水準にとどまる。サムスンが異例の発表をしたことで、市場では「今年1~3月の営業利益は前年同期比で約60%減るのではないか」との予想も出ている。

スポンサードリンク
今回の発表について、サムスン関係者は「暫定実績の発表が迫っているがいまだに証券会社の予想値が高いことを受け、投資者の混乱を回避し、現在の事業状況を説明するために行った」と述べたという。
https://www.recordchina.co.jp/

サムスン電子は、メモリー価格の下落を受けて第1四半期の業績が市場予想を下回るだろうとの見通しを伝えている。発表資料では、メモリー価格とディスプレー価格の下げが予想を上回り、業績の落ち込みにつながったとしている。さらにサムスンは市場で価格競争力であるため自社の資源を活用すると伝えている。世界最大の半導体メーカーであるサムスンの警告は、スマートフォン市場が低迷する中でメモリーの値下がりが予想以上に厳しいことを示している。サムソンの失望する展望は世界的な景気減速と停滞したPCとスマートフォン市場を強調した形だ。アップルに供給している有機パネルが縮小したことも理由にある。

コンピュータメモリの価格は、Amazon.com Inc.やAlphabet Inc.のGoogleなど、未使用部品の在庫が蓄積しているデータセンターの所有者からの注文の遅れにより打撃を受けていることも理由の一つとなる。メモリチップのもう1つの主要エンドユーザーであるパー​​ソナルコンピュータの出荷台数も、Intel Corp.からのプロセッサ不足により制限されている。サムスンは第1四半期の売上高で12%の減少を記録すると予想していたが、現実には営業利益がさらに半減しているとの見方が強い。

関連記事

[ 2019年03月27日 09:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp