韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  ビッグディールなく今後の米朝交渉は不可能

ビッグディールなく今後の米朝交渉は不可能

米朝首脳会談決裂後の韓米首脳会談と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の施政演説を通じて、米国と北朝鮮の立場に全く変化がないことが明らかになった。トランプ大統領は北朝鮮が非核化に対する一括妥結式ビッグディールを受け入れるべきだと一貫して主張している。金正恩委員長は米国の考えが変わらないかぎり交渉にこだわらないと公開的に宣言した。ハノイ会談の決裂状況がそのまま続いている。

ところが文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3回目の米朝首脳会談を実現させるとし、南北首脳会談を公式的に提案した。見えるものをそのまま見るのではなく、見たいものだけを見ている。苦労して会ったトランプ大統領とはわずか2分間だけの単独会談となった。すでにトランプ大統領は文大統領の面前で、記者会見形式でハノイ会談後も立場に変化がないことを表した。文大統領の仲裁案はトランプ大統領には「グッド・イナフ・ディール」(十分に満足できる取引)ではなかった。

スポンサードリンク
金正恩委員長もハノイでの米国の要求を「先に武装解除、後に体制転覆」と規定し、受け入れられないと明らかにした。それも「新年の辞」のように北朝鮮住民が暗唱すべき施政演説という方式を通じて不退転の意志を宣言した。文大統領の仲裁者の役割を「差し出がましい」と蔑むことも忘れなかった。トランプ大統領、金正恩委員長ともに相手の屈服だけを要求している状況だが、文大統領は希望と期待ばかり話している。
https://japanese.joins.com/

2019-01-13-k001.jpg

そもそも文大統領の一人芝居という事もある。妄想と期待だけが膨らんだ芝居ともいえる。北朝鮮も米国も、互いの要求は変わらずに、進んだのは、北朝鮮の新ミサイル開発となる。これにより日米の脅威が増したことにもなる。文氏は時間稼ぎの芝居をやってのけたことになるわけだ。約束破りの韓国を仲介に入れるほどにこじれるわけで、日米にすれば、韓国の仲介など必要がないという事だ。

挙句に日本からすれば、北方領土問題も厄介となる。北朝鮮とロシアが首脳会談を実施することで、ロシアまで朝鮮半島問題に加わることで、日本からすれば、すべてが厄介なことになると考えれば、文氏のアホらしさに呆れるばかりとなる。

関連記事

[ 2019年04月22日 15:22 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp