韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  慰安婦像の椅子で男性が…目撃談に韓国ネット激怒

慰安婦像の椅子で男性が…目撃談に韓国ネット激怒

2019年7月3日、韓国・ソウル新聞によると、韓国・京畿(キョンギ)道のKORAIL(韓国鉄道公社)常緑樹(サンロクス)駅前に設置されている慰安婦像の椅子に1人の男性が座り、たばこを吸いつばを吐いたという目撃談がネット上に書き込まれ、物議を醸している。

記事によると、書き込みがあったのは同駅のある安山(アンサン)市の市庁ホームページに設置された掲示板。投稿した人物は実際の写真を掲載し、「出勤途中に目撃し怒りを覚えた」「非人間的な行為にひどく気分が悪くなった」などとつづっている。

また記事は「慰安婦像の受難は、これが初めてではない」として、大邱(テグ)2・2記念中央公園前の像が落書きされたり、ソウル・日本大使館前の像がハンマーでたたかれたりといった被害がこれまでにもあったことを紹介している。元慰安婦が集団で暮らす施設「ナヌムの家」の安信権(アン・シングォン)所長は「日本軍による被害者たちの名誉と人権回復のために建てられた像を冒とくするのは、(元慰安婦の)おばあさんたちを冒とくすることと同じ」「私たちのつらい歴史を否定する行動は慎んでほしい」などと訴えているという。

スポンサードリンク
「平和の少女像」と呼ばれる慰安婦像は椅子に座る少女の隣にもう1つ椅子が空席のまま設置されている。これは、すでに他界している元慰安婦や名乗り出ていない元慰安婦らのための席だという。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-07-05-k003.jpg
こんな状態では

それにしても韓国と言うのは、慰安婦像にしても、ただ建造するだけで、しっかりとした場所で管理したうえで世界に報じない。挙句には慰安婦像をバスに座らせるありさまだ。観光客に分からせるための努力ではなく、日本大使館だの日本だけに反発している様では、建造したところで意味は薄い。自国民にとっては邪魔なものだろう。

建造だけ実施して、大騒ぎする韓国。だがその見栄えはろくでもない場所に建造し、ろくでもないほどみすぼらしい。しっかり歴史に刻むレベルにはほど遠い。そんな慰安婦像で、まじめな記事を掲載する事のほうが不思議でならない。歴史に残すのと、日本への嫌がらせとは意味合いが違うわけで、韓国政府は反日とはいえ、そういう事には民間任せで投資しない。

関連記事

[ 2019年07月05日 09:36 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp