韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「輸出規制」措置に関する韓日両国間の「倉庫協議」後さらにこじれた韓日

「輸出規制」措置に関する韓日両国間の「倉庫協議」後さらにこじれた韓日

12日に東京都内の経済産業省で日本の「輸出規制」措置に関する韓日両国間の協議が行われたが、事態が解決するどころか確執がいっそう深まっている。韓日両国は協議の性格や内容についての主張が異なっており、「どちらが本当のことを言っているのか」をめぐり攻防を繰り広げている。

日本の経済産業省幹部は協議後、記者会見で、「韓国側から(規制強化)撤回を要求する発言はなかった。世界貿易機関(WTO)の規定に違反するかどうかに対する(韓国側の)発言もなかった」と語った。今回の会議の性格についても「二国間協議」ではなく「説明会」に過ぎないと主張した。

これに対して韓国政府代表団は翌13日午前、羽田空港を出発する前に記者会見を開き、「日本側の主張は事実と違う。我々は日本側の(輸出規制)措置に対して遺憾の意を表明し、措置の原状回復、すなわち撤回を要請した」と述べた。また、「日本側の措置がWTO規定違反である点をはっきり伝えた。実務会談の性格も問題を解決するための会議なので、協議として見るのがより適切だと主張した」とも言った。

スポンサードリンク
すると同日午後、日本の経済産業省は再び記者会見を開き、「議事録で『撤回』という文字は確認できなかった。この会議は協議ではなく説明会だった」と再び主張した。次の会議が開催される可能性まで事実上否定し、韓国側が必要とするなら電子メールで説明するという見解も明らかにした。今回の問題で韓国と再び向き合って座るつもりはないという考えを表明したものだ。
http://www.chosunonline.com/

2019-07-13-k003.jpg

経済産業省は当初から説明を実施するための会議と位置付けている。だからあの場所で、長い時間かけて説明を実施した。まして倉庫と言うが普通の会議室である。日本側の説明に対して、反論する事もなかったのだろう。議事録に規制撤回を要求等が出るはずもない。規制の説明であるから、撤回できる内容では無いはず。本来在庫調整の話を実施すべきで、企業が一か月分が不足するので…云々を話さないと駄目だろう。企業が困っている部分の討論もなしに終わったのではないか…。これでは打ち合わせても意味は無い。

2019-07-13-k002.jpg

キャッチオール規制について説明を実施したはず。この説明に反論は出来ない。経済産業省の課長レベルの話のほうが説得性があったのではないか…。

関連記事

[ 2019年07月15日 09:11 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp