韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国ディスプレー最後の砦、有機EL…サムスン・LGに残された時間は3年

韓国ディスプレー最後の砦、有機EL…サムスン・LGに残された時間は3年

中国発の激しい砂嵐が韓国のディスプレー業界を襲っている。まず液晶パネル分野で中国の低価格攻勢に押されたサムスンとLGディスプレーで事業縮小と人員削減作業が進んでいる。液晶パネルより高い技術力が必要な有機EL市場はまだ逃していないが、3年耐えるのも難しいだろうという警告が相次ぐ。世界のディスプレー市場で2000年代中盤に日本を破り守ってきた韓国の独走が深刻な脅威にさらされているのだ。

中国企業10社ほどが液晶パネル生産ライン新設に乗り出したのは数年前だ。そのうち昨年から量産体制に入り低価格攻勢を本格化した。産業リサーチセンターのキム・セウォン研究員は、「液晶パネル市場は昨年から中国企業が生産量を増やして供給過剰になりチキンゲームに火がついた」と話す。キム研究員は「韓国企業は低価格競争で押されて赤字に転落し、ついに液晶パネルを断念し有機ELで事業再編に乗り出すもの」と説明した。

中国企業の低価格攻勢には当局の強固な支援という背景がある。中国は2014年ごろからディスプレーを戦略産業に指定し集中的に育成した。昨年液晶パネル分野で世界1位に上ったBOEが代表的な企業だ。BOEの中国安徽省合肥の第10.5世代工場新設過程は中国当局の支援事例がそのまま見られる。BOEはこの工場に600億元(約9151億円円)を投じたが、独自調達した費用は5%ほどにすぎない。

スポンサードリンク
50%は地方政府が公共ファンドを発行し、40%は国策銀行が貸付を通じて支援した。その結果韓国企業より20%ほど安い価格で液晶パネルを市場に出荷している。 世界のディスプレー市場は年間130兆ウォン規模だ。1年間にそれぞれ約2億台と15億台が売れるテレビとスマートフォンが最も大きい需要先だ。サムスンとLGディスプレーはこの市場で40%を超えるシェアで世界1位を占めてきた。だが最近になりテレビだけでなくスマートフォンの販売が振るわず、ディスプレー市場自体が停滞状態だ。ここに中国の低価格攻勢まで加わり悪材料が重なった格好だ。
https://japanese.joins.com/

2014-01-08-wa-2.jpg

製造原価を考慮しても、中国が製造技術を得れば、韓国企業は勝ち目はない。LGが特許で包囲できるのかは難しい。かつて日本にしたように、今度は中国に韓国企業は叩かれることになる。中央日報は、サムスンとLGディスプレーは主力事業を液晶パネルから有機ELに急速に転換中だとし、サムスンディスプレーは9インチ以下のスマートフォン用、LGエレクトロニクスは大型のテレビ用が主力だと報じている。

またサムスンディスプレーは現在スマートフォン用有機EL市場でシェア93.5%とほぼ独占している報じているが、シェア独占は半導体でもいえるが、今の韓国企業では確実ではない。いずれ技術は伝授され、付加価値で区分けされるだろう。

日本は高付加価値のプレミアム市場でソニーが頑張っているが、パネルはLGである。しかし独自技術での画質と言う部分では、強みはある。ただ一般向けが、液晶パネルから有機ELに急速する必要はない。まだ新興国では、液晶が主流だ。液晶が明らかに映りが違うとは言い難い。新興国においては、独自技術を駆使すれば、まだまだ液晶でも十分であり、コストパフォーマンスで勝負できる。

関連記事

[ 2019年09月18日 19:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp