韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  祝意より安倍首相批判 即位礼正殿の儀に大取材陣を投入した韓国メディア

祝意より安倍首相批判 即位礼正殿の儀に大取材陣を投入した韓国メディア

天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に韓国、特に韓国メディアは強い関心を示した。ただ、「世界の平和を常に願い」「憲法にのっとり」と宣明された天皇陛下の印象を好意的に報じつつも、「憲法を改正し日本を戦争が可能な国に変えようとする安倍首相とは対照的」と安倍首相批判の“材料”にしている。皇室のおめでたい儀式よりも、報道のターゲットは今回もやはり「安倍バッシング」だった。

韓国メディアは今回の取材に大勢の記者を派遣した。即位礼正殿の儀の2日後の24日に行われた李洛淵(イ・ナギョン)首相と安倍晋三首相との会談取材のためだ。 日本の内閣府によると、約70カ国の約450人が取材登録したそうだが、李洛淵氏が訪日の際に搭乗した「大統領専用機」には何と約50人の韓国メディアの記者が同乗したという。主要メディアは東京に支局があり、現地駐在記者の数も合わせれば相当な人数に上る。日本以外のメディアで最も多くの記者が取材に当たったのは、おそらく韓国であろう。

即位礼正殿の儀に際し、韓国紙は皇室の家系図を掲載したり、玉座「高御座(たかみくら)」が京都から運ばれたことを紹介したりして、皇室に関するうんちくを傾けた。報道された写真や映像の多くは、天皇陛下のご宣明に続き、祝いの言葉「寿詞(よごと)」を読み上げた安倍首相の万歳三唱の場面だった。

スポンサードリンク
天皇、皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さま、次女の佳子さまのご装束姿も韓国ではテレビで報じられた。「大変荘厳な日本の歴史と文化を感じることができた」と李洛淵氏が語ったように、古式ゆかしい皇居での儀式は、韓国で一種珍しいものとして受け止められている。
https://www.sankei.com/

韓国は日本が復権するほどに、恐ろしいのだろう。憲法改正が戦争ができる国と称し大騒ぎとなる。自国防衛自体を加速し軍備が増強されるほどに、日本を恐ろしいと感じるのだろうか。 米国に守られた韓国もまた、北朝鮮からの攻撃を受ければ、平和慣れした自国民では、対応すら出来ないだろう。

これは日本にも言える事だが。とはいえ、自衛隊と韓国軍ではレベルが違うわけで、軍備の点検・整備管理システムから、その実施に至るまで、はるかに日本が上となる。良い軍備を与えても税金の無駄使いとなるのが韓国であるから、なおさら日本の軍備を含めた復権は、恐ろしいということだろう。 だが日本は再び朝鮮に牙をむくわけではない。 戦後から反日政策で過ごしてきた韓国は、事あるごとに日本にかみつくが、自国で何とか努力するという国ではない。

事あるごとに日本に助けられてきた韓国はそれが当たり前のように感じているから、日米が協力し合うほどに大騒ぎする。外交力があれば国は小さくても、ODAが進み、世界に貢献できる国となっただろう。韓国は借金だけが目立つが、ODAは殆どない国もある。 したがって技術伝授を含めたODA戦略はない。あるのは単に日本に対するひがみでしかない。

それも加速すると今回の様になるわけで、過去の通貨危機により、外資により企業も国も助けられる構図となり、企業統治のみならず、銀行までも貧弱な国では、国は衰退するだけとなり、国の成長が無くなり、国家存続と言う危機に見舞われることになる。

関連記事

[ 2019年10月27日 09:30 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp