韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、中国・豪州などと通貨スワップ延長推進…終了から5年経過した韓日通貨スワップ

韓国、中国・豪州などと通貨スワップ延長推進…終了から5年経過した韓日通貨スワップ

韓国政府が外貨流動性確保のために終了が近づいた通貨スワップの延長を推進する。洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は20日、政府世宗(セジョン)庁舎で対外経済長官会議を開き、2020年の韓国の対外経済政策方向について議論した。

韓国が締結した通貨スワップのうち今年満期が到来するのは1月のマレーシアとの約47億ドル、2月の豪州との77億ドル、3月のインドネシアとの100億ドル、10月の中国との560億ドルなど。このうち最も規模が大きいのが韓中通貨スワップだが、習近平主席が今年訪韓すればこれに関する議論も行われるとみられる。

一方、韓国と日本は2015年2月に通貨スワップ契約が満了し、完全に終了した。その後、2016年8月に韓国がブレグジット(英国のEU離脱)や米国の利上げなどのため日本に通貨スワップを提案して交渉したが、2017年1月に日本政府は釜山(プサン)在韓日本総領事館前の少女像設置を理由に一方的に交渉を中断した。

スポンサードリンク
韓日間通貨スワップは2001年7月に20億ドルで始まり、2008年に300億ドル、2011年には700億ドルまで増額した。しかし2012年8月に李明博(イ・ミョンバク)元大統領の独島(ドクト、日本名・竹島)訪問で韓日関係が悪化し、同年10月に満期が到来した570億ドル規模の通貨スワップは延長されなかった。その後、残余金額は2015年2月に満期が到来し、韓日通貨スワップは完全に終了した。
https://japanese.joins.com/

日本は前回、韓国とスワップを結んだ途端、韓国が掌返し、「慰安婦」を蒸し返したうえ大統領が竹島に上陸。さらには天皇陛下に謝罪まで要求する卑劣さである。そしてその後、朴槿恵政権の二股外交が破綻した。韓国は米中双方からにらまれ、突然に態度を変えて、日本にすり寄って来た。ウォンは弱い通貨なため、韓国から資本が逃げ出すたけで、韓国はいざという時に外貨を借りるスワップが必要となる。

関係の悪化した米国は韓国とはスワップを結ばない。中国とは通貨スワップを結んでもらっているが、発動するかは不明。日本から慰安婦合意の様に10億円もらったら、即態度をがらりと変えるのが韓国である。スワップを再開したら関係が良くなるとは限らない。むしろ悪化するだけで、日本に有益な事は何もない。特に韓国政府は自分の政権の時に、自分の時だけ良ければいいという考え。文政権などはまさにこれに当てはまる。失敗ばかりだが、戦争経験者を政治利用し、支持率を稼いで、自国低迷は他国のせいにし、日本との条約を破り、慰安婦合意を破棄し、英雄気取りである。

挙句に韓国は弱い通貨を利用し、日本とスワップを結ぶとウォン安への金融政策が可能となる。スワップが結べない時には恐ろしくてウォン安誘導など出来ないわけで、日本にとっては結ばないほうが良いという事。勿論それ以外に多くの問題がある。韓国とスワップは結べば、食い逃げの如く韓国は反日政策を実施してくるだろう。今でさえこの状態である。一応通貨下落を恐れてぎりぎりのところで踏ん張っている。今日本にすり寄ってくるのは、通貨危機を恐れての話と考えれば筋が通る。日本は韓国など無視するのが一番となる。
[ 2020年01月21日 15:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp