韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国・文政権“マスク朝貢”で大恥 「300万枚支援」国内から猛批判で下方修正…感謝される日本にひがみも!?

韓国・文政権“マスク朝貢”で大恥 「300万枚支援」国内から猛批判で下方修正…感謝される日本にひがみも!?

新型肺炎の感染が拡大する中国への支援をめぐり、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が赤っ恥をかいた。中国に「マスク300万枚」を送ると鼻高々だったのだが、韓国内でマスクの品薄と価格高騰を招いたと批判されると一転して民間に責任転嫁、実際に送った枚数も半分にとどまった。一方、韓国メディアは中国政府が日本のマスク支援にばかり感謝しているとひがんでいる。

朝鮮日報(日本語電子版)によると、韓国外交部は1月30日の時点で、中国湖北省武漢市にマスク200万枚と医療用マスク100万枚、防護服とゴーグル各10万個を支援すると発表した。湖北省に隣接する重慶などにも30万ドル相当の支援物資を送る予定だとした。 ところが政府の発表と同時に国内でマスクの価格が急騰し、品不足となり、ネット上では政府の対応に「マスク朝貢」などの声が飛び交い、非難の嵐となった。

政府・与党は中国への支援をアピールするはずだったが、2月4日に与党・共に民主党の李仁栄(イ・インヨン)院内代表は、支援の目標を「200万枚」と“下方修正”し、支援も「民間」によるものだと強調した。政府とともに支援を行った団体の人物によれば、政府側が「既に報道発表に300万枚と(いう数字が)出てしまった」として“調整”を求めたのだという。最終的に送られたマスクは半分の150万枚だったという。

スポンサードリンク
一方で韓国企画財政部は、マスクや消毒剤の買い占めや売り惜しみの禁止を決めた。違反すれば2年以下の懲役または罰金が科されるという。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200208/for2002080008-n1.html

何かにつけ日本と比較するが、支援と言うと支援できないのが韓国となる。自分たちが支援するとなると躊躇する韓国政府。ケチな割に、日本とと言う名を聞くと、途端に対抗心で、自国民の事は二の次となる。マスク支援する枚数で問題視する様では困ったものである。

中国依存が高い分、すぐ支援する立場が、日本より遅れる外交となり、中国から余計に恨まれる韓国。中国に対する支援は自然な行動である。特に外交政策重視である日本は、反日色が強い中国であれ、日本が外交を実施している国において、迷いは無いだろう。また日本の自治体からも支援している。総数で考慮すれば韓国とは比較にならない。また比較するべきことでも無い。

マスクは日本国内も不足しているわけで、重要なのは、支援と自国民との両方を考慮した場合の対応となる。韓国政府は常に日本が云々という。日本の後を追うかのようにまねをする外交など、気持ちが入って無いわけで、これでは意味をなさない。外交力を磨くことである。さらに言えば、借金外交ばかり実施している韓国は他国へのODAにも大きく欠ける。

開発協力というのは、「開発途上地域の開発を主たる目的とする政府及び政府関係機関による国際協力活動」のであるから、そのための公的資金となる有償ODAの実施が無いのでは海外からはいる利子は殆どない。他国から金を借りる事はあっても貸すことができないのが韓国政府。結果政府負債は増加する一方となる。

関連記事

[ 2020年02月09日 12:17 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp