韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  中韓の医療廃棄物か…日本海沿岸に「使用済みマスク」襲来 許されない海洋投棄

中韓の医療廃棄物か…日本海沿岸に「使用済みマスク」襲来 許されない海洋投棄

日本海沿岸に、「使用済みマスク」が多数漂着しているという。中国語やハングルが記されたゴミや医療廃棄物などに混じって流れつくため、中国や韓国の医療現場などで使用された危険性もある。新型コロナウイルスの感染拡大が警戒されるなか、沿岸住民たちは戦々恐々としている。

「以前から、医療廃棄物が流れつくことはあったが、今年はマスクが目立っている。新型コロナウイルスが不安だ」 西日本の海岸近くで暮らす住民はこう語り、自身が撮影した漂着マスクの写真を見せてくれた。 季節風や海流の影響により、主に冬場、漂着ゴミは大陸から日本海沿岸に運ばれてくる。中国語やハングルが印字されたペットボトルやポリタンクのほか、針付きの注射器や点滴パックといった医療廃棄物の漂着があったが、今年はこれにマスクが加わった。

市販の「不織布マスク」はもちろん、日本では供給が足りず、逼迫(ひっぱく)している医療機関向けの「N95(微粒子用)マスク」もあるという。 過去には、海水浴に来た児童が注射針を踏んでケガをした事故があり、春先から夏前まで、清掃ボランティアが人海戦術で漂着ゴミを回収するのが定例行事だっていた。 

スポンサードリンク
だが、地元の環境団体関係者は「今年は『3密(=密集、密閉、密接)』を避けなければならないため、人集めができない。おそらく、海岸清掃は夏までは無理だろう」と嘆く。 使用済みマスクから新型コロナウイルスが感染する可能性は高くないとみられる。だが、医療廃棄物を含めたゴミを海洋投棄すること自体が許されない。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200523/dom2005230007-n1.html

2020-05-24-k001.jpg

昨年6月に大阪市で開かれたG20首脳会議では、加盟国が海洋プラスチックごみ対策の国際枠組み構築に合意した。各国がレジ袋の廃止や植物由来の原料への切り替えにより、プラごみの排出を削減する方針が決まったが、日本と関係が悪化している韓国からプラごみだけでなく生ごみも漂着し、日本海沿岸の住民が迷惑を被っている。

細分化したプラスチックの粒が魚類の内臓から検出されるなど、海洋プラごみ問題が深刻化している。国際的な推計によると、韓国が排出する海洋ごみは世界ランキングで20位以内に入っていないが、環境省が漂着ペットボトルを全国各地で調査したところ、山口県下関市と長崎県対馬市では、およそ半数が韓国製だ。漂着ごみの被害は排出国の総量以外にも、距離の近さが深く関係している。

挙句に医療マスクなどがたどり着くのでは、韓国の嫌がらせは度を通り越している。約1週間前に捨てたごみが流れ着く。暑くなると臭いがひどいという。世界にこの状態を日本政府は拡散し懲らしめる事のほうが重要だろうと思うが。

関連記事

[ 2020年05月24日 08:11 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
大賛成です
管理人さんが仰るように、彼の国のゴミ海洋ポイ捨ての実態は、世界に拡散すべきです。
加えて、そのゴミ処理費用も彼の国に請求しましょう。
[ 2020/05/24 08:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp