韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン、世界スマホ市場1位奪還が確実…ファーウェイは「2カ月天下」

サムスン、世界スマホ市場1位奪還が確実…ファーウェイは「2カ月天下」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で停滞していたサムスン電子のスマートフォン販売率が回復に向かい、今月はグローバル市場シェア1位奪還が確実視されている。4、5月に中国ファーウェイ(華為技術)に1位を明け渡してから2カ月ぶりだ。市場調査会社ストラテジーアナリティクス(SA)は26日、サムスン電子の先月のスマートフォン出荷量は前月比47%増の1690万台で、速いペースで回復していると分析した。インド・ノイダのサムスン電子スマートフォン工場など一時閉鎖された生産工場が再稼働し、ギャラクシーAシリーズなど中低価格スマートフォンが市場で売れているということだ。

サムスン電子が初めてファーウェイ(華為技術)に1位を明け渡した4月当時、両社の世界市場シェアはそれぞれ21.4%(ファーウェイ)、19.1%(サムスン電子)と2.3ポイントの差だった。しかしサムスン電子は先月、この差を0.7ポイントに縮めた。ファーウェイの善戦は、中国内需市場が新型コロナの衝撃を比較的早く克服したためと分析される。一方、サムスン電子のスマートフォンの人気が高い米国・欧州・インドは新型コロナの衝撃から抜け出せなかった。一部では地域封鎖令が発令され、オフライン売り場は閉鎖された。

サムスン電子はオンライン市場シェアの優位で回復に向かっている。調査会社カウンターポイントリサーチによると、今年1-3月期に米国で販売されたスマートフォンのうち17%がオンラインで取引された。新型コロナの影響が大きかった4月にはオンライン取引比率が33%に増え、スマートフォンの3台に1台がオンラインで売れた。こうした状況でサムスン電子はスマートフォン販売上位5社のうち唯一、全体の市場シェア(33%)よりオンライン市場シェア(37%)が高かった。オンライン市場シェア1位のアップル(38%)との差も1ポイントにすぎない。

スポンサードリンク
下半期にはK-POPスターの防弾少年団(BTS)とのコラボ「ギャラクシーS20+BTSエディション」も世界市場発売を控えていて、業績の改善につながると予想される。このエディションは最近、韓国市場オンライン販売で完売となった。来月は米国・欧州・東南アジア・中南米など約50カ国で販売される。
https://japanese.joins.com/JArticle/267494?servcode=300§code=330

2020-06-28-k003.jpg

インドネシアのスマートフォン使用率は2013年にはわずか14%でしたが、2017年には60%にまで達し、わずか4年の間に4倍以上となった。日本と比較すると2017年の日本のスマートフォン使用率は64%であり、インドネシアの使用率とは4%しか変わらない。インドネシアのインターネットユーザーは2013年には29%でしたが、2017年には59%まで上昇した。また、2013年にはスマートフォンからインターネットを利用する人は40%でしたが、2017年では94%と大幅に増加し、SNSの閲覧もスマートフォンの利用が非常に多く、またオンラインショッピングなどもスマートフォンで気軽に利用されているのが現状だ。

インドネシアのスマートフォンのシェアは上位5社(Samsung、Xiaomi、OPPO、vivo、Advan)が85%を占めている。2018年の第二四半期には、インドネシアに輸入されたスマートフォン台数は過去最大の940万台。中国のガジェットメーカー「Xiaomi」は2016年同時期にはトップ5にも入っていなかったにも関わらず、2018年に大きくシェアを伸ばしSamsungに次いで2位となった。インドネシアの友人に訪ねると、中国スマホの性能が格段に良くなっており、Xiaomiは130ドルと低価格で販売している。サムスン低価格スマホは性能が悪く、現実は電話のみの子供用と言うケースが多いという。

関連記事

[ 2020年06月28日 08:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp