韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓米首脳会談の前日…バイデン政権、またサムスン電子を呼び出し

韓米首脳会談の前日…バイデン政権、またサムスン電子を呼び出し

先月のバイデン米大統領に続いて今度は米商務省が、20日(現地時間)に開かれる2回目の「半導体サミット」にサムスン電子を呼び出した。翌日に開かれる韓米首脳会談を控え、現地投資に対する圧力が強まるとみられる。

11日のブルームバーグ通信などによると、レモンド米商務長官は20日、半導体と自動車、情報技術(IT)の企業を呼んで会談を開く。商務省は招請状で「半導体の供給者と消費者を1カ所に集めたい」という立場を明らかにした。この日の行事にはサムスン電子のほか、米国のインテル、グーグル、アマゾン、ゼネラルモーターズ、フォード、台湾のTSMCなどが招請されたという。

サムスンは先月12日に開かれた最初の半導体サミットにも韓国企業では唯一参加した。この日、バイデン大統領は半導体ウェハーを手に持って見せながら出席企業に米国内の投資を要請した。当時出席したインテルやTSMCが直ちに投資計画を発表した半面、サムスン電子は現在も米国内への新規投資を決断できずにいる。

スポンサードリンク
サムスン電子は最大170億ドル(約2兆円)を投資して米テキサス州オースティンにファウンドリー(半導体委託生産)工場を増設することを検討している。このために2回目の「半導体サミット」でサムスン電子がいかなる立場を明らかにするかに関心が集まっている。サムスン電子が米国内の投資計画を発表する場合、翌日の首脳会談で主な議題として扱われるだけでなく「半導体同盟」を土台に両国の協調関係がさらに強まる可能性があるからだ。
https://japanese.joins.com/JArticle/278561?servcode=300§code=300

2013-10-12-samsun.jpg

一方で、サムスン電子の海外資金の大半は日本のメガバンクから借りたものだ。韓国企業は金融の相当部分を日本に依存している。韓国に対しては、韓国との貿易を見直したり、金融制裁に踏み切ったり、やり方はいろいろあるとしている。いずれにしても日本より経済規模の小さい韓国が先に疲弊するのは間違いない。もっとも日本政府が強制徴用裁判に関連し、自国企業の差し押さえ資産が現金化される場合の対応でもあるのだが。

とは言えサムスンの日本依存は今なお加速中だ。資金不足は今後のサムスン株価に影響する。日本も米国に次ぐ株主だけに、日米の間で、サムスンがどう動くのかは関心ごととなる。まして韓米首脳会談での動きは、すでに日本政府は米国側に意識を伝えているだろうと考えるが。

関連記事

[ 2021年05月12日 08:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
USにも工場をつくれと
サムスンは簡単にな決められないでしょう。

インテルとTSMCはお客と業者のセットだから話が早い。
サムスンのファンダリはこれからお客を探さないといけない。
おそらく米国の言い方は、「中国に大工場なら、米国にも作れよ!」
[ 2021/05/12 14:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp