韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  スポーツ >  北京五輪で人工降雪機300基を動員…初の100%人工雪五輪に選手たちが「心配」する訳

北京五輪で人工降雪機300基を動員…初の100%人工雪五輪に選手たちが「心配」する訳

来月4日に開幕する北京冬季オリンピック(五輪)では「本物の雪」を見ることはできない見通しだ。北京五輪は100%人工雪を使用する最初の冬季五輪になるだろうとロイター通信が26日(現地時間)、伝えた。

ロイターは英国ラフバラー大学スポーツ生態学グループと「Protect Our Winters」キャンペーングループが共同作成した報告書を引用し、「今回の五輪は降水量不足と雪を維持するには暖かすぎる気温によって、冬季五輪としては初めてほぼ全面的に人工雪に頼ることになる」と展望した。 最近の気候変化で冬にも関わらず気温が上昇し、積雪量が多くない年が増えた。歴代冬季五輪開催地の2月の平均気温は1920~50年代は摂氏0.4度から1960~90年代には3.1度、21世紀に入ってからは7.8度へと急激に高まった。

2010年バンクーバー大会時には雪が溶けてしまった関係で急きょ他地域から雪を運び込んで急場をしのいだほか、2014年ソチ大会では温暖な日が続いたことからソチ近隣に降った雪をすべてかき集めた後て光を反射させる防水シートで覆って保護した。 最近の冬季五輪では人工雪を使う割合が増えてきたブルームバーグ通信は「2014年ソチ大会では人工雪を8割ほど使ったほか、2018年平昌(ピョンチャン)大会では人工雪の割合が9割まで上昇した」と伝えた。

スポンサードリンク
今回五輪が開かれる北京と張家口地域はこれまでの開催地と比べて降水量が足りない。ブルームバーグによると、北京と張家口地域は過去40年間の冬の平均降水量が7.9ミリにすぎなかった。代表的なスキー観光地であるスイス・ダボスの12月降水量は北京地域の9倍になる。

組織委は「張家口の宗礼地域で消費される水の10%が雪を作るために使われる。スマート造雪システムを開発して従来の方式に比べて20%少ない水量で人工雪を作ることができる」と説明した。しかし、香港環境団体「チャイナ・ウォーターリスク」は「最近、張家口地域の住民たちの半分以上が水不足でストレスを受けている」と伝えた。
https://japanese.joins.com/JArticle/287249?servcode=600§code=670

2022-01-29-k002.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、来月の開幕に向けて準備が進む北京冬季五輪について、世界保健機関(WHO)の緊急対応責任者マイク・ライアン氏は6日の会見で、「競技のため講じられている対策はとても厳しく強力だ。現時点では感染のリスクは高まらないと考えている」と述べ、開催に問題はないとの見通しを示したが、そもそも必要なのかと言う疑問もある。

リスクを背負ってまで実施すべきかと言う議論は尽きないのだが、結果さらなる感染拡大は避けられないだろうと思うが…。

関連記事

[ 2022年01月29日 09:21 ] カテゴリ:スポーツ | TB(0) | CM(1)
高感染性O株が『侵入して』、ペキンはウィルス対策だけで厳戒態勢です。
来月OLが開幕し、O株が蔓延している世界各地からOL大会関係者が殺到して、
何も起こらないと考えるのは思考停止というものでしょう。
ペキンは面子のためにOLを開催するんでしょうが、それで競技中に選手たちが突然倒れたりしないといいんですが。
[ 2022/01/30 08:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp