韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「ギャラクシーノート7」発火で大揺れのサムスン 日本法人トップも辞任していた

「ギャラクシーノート7」発火で大揺れのサムスン 日本法人トップも辞任していた

韓国サムスン電子の日本法人で、堤浩幸最高経営責任者(54)が7月末に、就任から7カ月で退任していたことが分かった。サムスン本社は27日の臨時株主総会で創業家の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長(48)が登記理事(取締役)に就任するが、新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の生産・販売中止の影響は深刻だ。

堤氏の退任についてサムスン側は「一身上の都合」と説明。非常勤の顧問に就いた。後任の日本法人トップは韓国出身の金賢周(キム・ヒョンジュ)氏(52)が就任したが、暫定的な措置という。堤氏はNECや米シスコシステムズを経て昨年4月にサムスン電子ジャパンに入り、同年12月に初の日本人トップに就任していた。

日本では以前からサムスンのシェアが低く、課題地域とされていた。堤氏退任後には「ギャラクシーノート7」が海外で発火問題が続出、イメージが悪化しており、販売戦略の見直しを迫られている。

サムスン本社では、病に倒れている李健煕(イ・ゴンヒ)会長の長男で、創業家3代目の李在鎔副会長が取締役となって名実ともに同社の経営を牽引することになる。「ノート7」発火問題で大幅悪化が予想される業績の立て直しを図ることが最優先課題だが、韓国最大の企業であるサムスンの経営を創業家が握り続けることに反対する声も強まっている。


スポンサードリンク


また、「ノート7」の生産・販売停止の影響をめぐっては、台湾の証券会社のアナリストが、500万~700万台が米アップルの「iPhone(アイフォーン)7」に流れると分析している。スマホ市場の頭打ちもあって業績が伸び悩んでいるアップルだが、今年10~12月期には増収に転じると見込んでいるのはこのためだ。サムスンが失いつつあるブランドイメージの回復は容易ではなく、「3代目」は難しい経営の舵取りを余儀なくされそうだ。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161028/frn1610281130001-n1.htm

【管理人コメント】
アップルと違って、自社CPUを開発製造も実施するわけで、アップルは開発は実施するが製造は委託する。
製造という重い荷物は持たないという事だ。開発主体とはいえ、莫大な人員を抱える。アップルのCPUも製造するサムスンとは言え、二社購買で、今回は比率は殆どないのではないか。自社OSであるから、自社CPUをつかったギャラクシーノート7であると言いたいのだが、OSはAndroid6.0.1である。CPUはOcta core (2.3GHz Quad + 1.6GHz Quad), 64 bit, 14 nm processで自社CPUである。 しかしGalaxy S7 edge SC-02Hは、Qualcomm社のSnapdragon 820を使用している。発熱評価では、防止の割にはヒートパイプの効果が良く出ているようだ。

発火の原因となりそうな主要部品を考慮すれば、次第に原因が見えてきそうな気もするが…。
ちなみにGalaxy S7 は、Android 6.0 を搭載する。ノート7と基本的に同じ他社OSとなる。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月28日 13:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp