韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  庶民の家計が崩壊している…金融危機後、初めて実質所得が減少

庶民の家計が崩壊している…金融危機後、初めて実質所得が減少

グローバル金融危機の余波が深刻だった2009年以後、韓国で7年ぶりに初めて家計の実質所得が減ったことが分かった。昨年の家計消費支出は後退し、家計の費用を示す平均消費性向も歴代最悪を見せた。特に暮らし向きが苦しい低所得層を中心に所得が減り、貧富の格差が拡大している。良い働き口の拡大、最低賃金の引き上げなど、家計所得を引き上げる根本対策がなければ家計負債と所得崩壊で崩れた“家計経済”を生き返らせることは難しいと指摘されている。消費絶壁と内需沈滞にぶつかった韓国経済の困難も加重されるほかはない。

24日、統計庁が発表した「2016年第4四半期および年間家計動向」資料によれば、昨年の世帯当り月平均所得は439万9千ウォン(約43万円)で、前年より0.6%の増加に終わった。物価上昇分を差し引いた実質所得基準で見れば、0.4%減少した。実質所得が減ったのは、2009年(-1.5%)以来7年ぶりだ。企画財政部関係者は「景気回復が遅れて、造船業などの構造調整が本格化し雇用増加傾向が鈍化した。こうした点が家計所得で最も比重が大きい勤労所得を悪化させた」と話した。

家計は財布の紐をかたく引き締めている。昨年の家計消費支出は、所得基盤が動揺したうえに対内外不確実性まで重なって消費心理が悪化し、名目と実質基準の両方で減少傾向に転じた。世帯当りの月平均消費支出は255万ウォン(約25万円)で前年より0.5%減少したが、名目支出が減ったのは2003年の統計作成以来初めてだ。実質消費支出も1.5%も減った。家計は食や衣など基本的に使わざるをえない多くの品目で財布の紐を引き締めた。食料品(-1.3%)、衣類・靴(-2.4%)、交通(-4.3%)、通信(-2.5%)、娯楽・文化(-0.2%)、教育(-0.4%)で支出が減った。可処分所得に消費支出が占める比重を意味する平均消費性向は71.1%で歴代最悪だった。

詳細はこちら
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26621.html

【管理人コメント】
韓国の家計所得は単純には日本の半分程度となる。平均年収が日本の半分程度であるから、当然と言えば当然なのだが…。ハンギョレ新聞は、低所得層であるほど体感する苦痛は大きいものと見られるとし、低所得層である所得1分位(所得下位20%)世帯の月平均所得は144万7千ウォン(14万4千円)で前年より5.6%も減り、史上最大幅の減少を示した。所得下位20~40%に属する2分位も291万4千ウォン(29万円)で0.8%減少した一方、高所得層の5分位(上位20%)世帯の所得は834万8千ウォン(83万円)で2.1%増えたと伝えている。

韓国経済低迷期となり、製造企業では技術限界点で伸び悩むだろう。真似事には限界がある。その一方で、自国民の雇用は中小企業雇用9割近いという部分にあるわけで、それでいて家計負債は先日130兆円を超えた。貯蓄平均で見れば公表されてはいないのだがほぼ日本の半分であろうと推測される。

2014-08-20-sa.jpg

従って雇用という部分で、中小企業の40%ゾンビ企業ならば、年々税収不足で悩まされる一方で、国家予算は膨らんでいる。もともと東京都並の国家予算が、今では40兆円規模である。物価が日本とほぼ同じで、平均年収が日本のおよそ半分ならば、特に財政赤字は加速し、政府負債の隠蔽ネタと化している。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月25日 09:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL