韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国輸入“韓国たたき”が歴然・・・自動車部品は半分

中国輸入“韓国たたき”が歴然・・・自動車部品は半分

中国が在韓米軍のTHAAD配備にともなう経済報復として「韓国旅行禁止令」を下してから6カ月が過ぎた。今年1~7月、中国の輸入額貿易統計によれば、韓国産製品の輸入増加率は日本・米国・台湾・ドイツに比べはるかに低く、韓国産自動車部品の輸入額は半減したことが確認された。

12日ハンギョレが韓国貿易協会と関税庁の貿易統計を通じて今年1~7月の中国市場輸出・輸入額を調べた結果、韓国産製品の中国市場輸入額増加率は1月13.4%(以下、前年同月比)、2月28.7%でピークに達した後、3月(11.9%)から急減している。4月(10.2%)までは2桁の増加率を維持したが、5月(7.3%)、6月(4.9%)、7月(6.6%)には一桁に減った。今年3月15日に中国当局が下した「韓国旅行禁止令」を前後して輸入額増加率が目に見えて下がっている。1~7月の中国市場の全世界輸入額累積増加率は18.2%である反面、韓国産製品の輸入額増加率は8.6%にとどまった。





中国輸入市場で今年に入って明確に観察される「韓国例外」現象は、中国市場輸入額上位5カ国(韓国・日本・米国・台湾・ドイツ)を比較してみれば、ひと目で分かる。2月の中国市場輸入額増加率は、韓国(25.3%)、日本(39.0%)、米国(32.4%)、台湾(39.5%)、ドイツ(28.8%)のすべてが2桁に達した。だが、3~7月の日本・米国・台湾産製品輸入額の月別増加率は2桁(10.8~26.1%)を記録した反面、韓国産は一桁(4.3~8.0%)に終わった。こうした現象は、中国市場に100億ドル(1~7月)以上輸出する22カ国に広げてみればさらに明確になる。日本・米国など18カ国が2桁の増加率を記録した反面、韓国(8.6%)はチリ(0.4%)・ドイツ(7.4%)に次いでビリから3番目だ。

品目別に韓国製品の中国輸出額を見れば、電機電子(部品)・鉄鋼・自動車(部品)を中心に輸出額がほとんど半減した。自動車部品は3月の3億2千万ドルから4月に2億300万ドルに減少し、7月には1億500万ドルに墜落した。鉄鋼製品のうち輸出額が最も多い合金圧延は、3月の5015万ドルから7月には2923万ドルに減った。電機電子部門ではカメラ・送信機の場合、1月の3億134万ドルから毎月減少を続け、7月には534万ドルに急落した。1次電池・蓄電器は1月の3億7千万ドルから7月には2億3千万ドルに、始動・発電機も1月の1692万ドルから7月には723万ドルに墜落した。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
自動車部品は3月の3億2千万ドルから4月に2億300万ドルに減少し、7月には1億500万ドルとなり、鉄鋼製品のうち輸出額が最も多い合金圧延は、3月の5015万ドルから7月には2923万ドルに減った。電機電子部門ではカメラ・送信機の場合、1月の3億134万ドルから毎月減少を続け、7月には534万ドルに急落し、1次電池・蓄電器は1月の3億7千万ドルから7月には2億3千万ドルに、始動・発電機も1月の1692万ドルから7月には723万ドルに墜落した。とはいえ何でもかんでもTHAAD問題と言うのは勝手すぎるだろう。

売れない商品を排除し自国経済優先で考慮すると考えれば、韓国製品の魅力は限界という事だ。自動車に限らず中国民の嫌韓は中国政府の直接的な指示ではないわけで、そういう精神面的な行動は韓国民のむしろ態度対応にある。THAAD問題が解決したからといっても、さほど変わりはないのではないか…。THAAD報復と関連して、中国を世界貿易機構(WTO)に提訴するかは、勝訴の可能性や必要な時間、波及効果、両国関係など種々の変数を複合的に考慮し慎重にアプローチするというが、難しいのではないか…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月13日 09:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp