韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  2018年の次期iPhone Xは5.85インチと6.46インチの2種類?

2018年の次期iPhone Xは5.85インチと6.46インチの2種類?

まだ出荷さえ始まってないiPhone Xですが、早くも次期モデルについての噂が流れてきました。2018年の有機ELディスプレイiPhone、つまり新型iPhone Xは5.85インチと6.46インチの2種類を予定しているとのこと。

また、以前から囁かれていた5.28インチ版の開発は中断されたと報じられています。
この噂を伝えているのは、IT関連投資情報メディアのTHE INVESTOR。同誌は今年5月にも業界筋の話として、2018年発売の次期iPhone向けに、Samsung Displayが有機ELパネルの供給を契約したと報じ、その際には5.28インチと6.46インチの2つになるとしていました。

そして今回は、さる部品メーカー筋の話として、アップルは元々は5.28インチ、5.85インチ、6.46インチの有機EL型iPhone(iPhone X)発売を計画していたと報道。このうち小型の5.28インチは市場性が低いと見込まれ、開発が中断されたと伝えています。





業界筋の観測としては、アップルの5.28インチ切り捨ては、大画面で動画を視聴したい人気の高まりを織り込んだ結果とのこと。かたやライバルとして比較されやすいSamsungのGalaxy S8シリーズでも、大画面のS8+の方がS8の売上を上回っている現実もあります。

実際、計算によっては5.8インチのiPhone Xの方が、5.5インチのiPhone 8 Plusよりも画面が小さいとの声もあり、「もっと大きく」のニーズも高まりそう。これ以上のiPhoneの大画面化が進めば、iPad miniシリーズの居場所がいよいよなくなりそうですが、ユーザーの声は最優先でしょう。
http://japanese.engadget.com/

【管理人 補足記事&コメント】
一方で、iPhone8やiPhone Xに搭載されているA11 Bionicプロセッサを独占受注している台湾のTSMCが、既に2018年のiPhone用チップの開発に取り組んでいる、とNikkei Asian Reviewが報じている。中でも、iPhone用GPUの技術を提供していたImagination Technologiesは、2017年4月にAppleが同社との取引終了を通知した後に株価が暴落、9月には中国政府系ファンドに買収された。Appleは、iPhone Xの製品情報として、搭載されているGPUはAppleが開発したものであることをアピールしている。

このほか、モデムチップの主要サプライヤーであるQualcommとはロイヤルティーの支払いを巡って争うばかりでなく、技術部門の責任者を引き抜いている。このほか、Dialog Semiconductorが供給している電源管理チップについてもAppleがGPUに続き独自開発するのではと予測される。TSMCは現地時間9月29日、台湾南部の高雄に次世代半導体を製造する工場を建設すると発表したわけで、約1兆8,000億円を投じて建設される工場は、最先端の3nmプロセスによるチップ製造能力を誇り、2022年に本格製造を開始する見込みだという。

スマホCPUは3nmプロセスに向けて動き出しているという事は、アップルのスマホも2022年までのロードマップがあるという事だろう。どんな構想を思い描いているのかに関心が集まりそうだが…。一方インドネシアではファブレット並みのスマホが売れている。もちろん価格の安いアンドロイドだが、アップル製品も富裕層に売れ始めているわけで、アップルも必至だが、CPUメーカーも必至だ。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月05日 12:00 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp