韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代モービス、パノラマサンルーフエアバッグを開発

現代モービス、パノラマサンルーフエアバッグを開発

現代(ヒョンデ)モービスが「パノラマサンルーフエアバッグシステム」の開発に成功した。自動車の横転事故の時、乗客の体がサンルーフから外に飛び出すことで起きる2次的事故を防ぐための安全装置である。

現代モービスは18日、パノラマサンルーフエアバッグシステムの信頼性検証をすべて終え、量産レベルの技術力を確保したと発表した。まだグローバル自動車部品やエアバッグ企業各社がこの製品を量産車に適用した事例はなかった。現代モービス側は、「2002年にエアバッグの量産を初めて開始した現代モービスが、競合他社より先にエアバッグの技術力を確保したのは今回が初めてだ」とコメントした。

パノラマサンルーフエアバッグは、サンルーフの後ろ側に設置される。車両が横転すると、センサーがこれを感知してエアバッグが作動する。約0.08秒で車両のサンルーフスペースを覆って乗客を保護する。これは側面衝突事故が起きた時に、窓に沿って長く広がるカーテンエアバッグと同様の方式である。





現代モービスの関係者は、「6月に米国で開催された車両安全学会で、パノラマサンルーフエアバッグ技術を発表したとき、米道路交通関連主要機関と関連産業の従事者たちが大きな関心を示した」とし、「プレミアムスポーツ・ユーティリティ車両(SUV)の車種を中心に、市場攻略に乗り出す計画だ」と語った。米グローバル市場調査会社「P&Sマーケットリサーチ」によると、車両用サンルーフのグローバル市場規模は約6兆ウォン(2015年基準)である。2022年まで年平均約11%成長すると予想される。
http://japanese.donga.com/

【管理人 補足記事&コメント】
自動車の天井に窓をつけたサンルーフ車を今の日本で見かけることは多くない。オプションで選択できる車種は限られ、しかもその選択をする消費者も少ないようである。一方、中国ではサンルーフが人気装備としてもてはやされている。中国人にとって自動車は新しいモノであり、サンルーフを付けることが魅力を高める要素になっている。言わば、オシャレでサンルーフ車に乗りたがる人が少なくない。

かつて日本でも流行った時期があったように、中国でもいずれはオプション装備に変わり、下火になるのだろうか…。燃費やサンルーフ取り付け時の車内温度上昇など…。グローバル市場規模は約6兆ウォン(2015年基準)で、2022年まで年平均約11%成長すると予想されるというが、そうだろうか…。未知数な部分でもある。その国々で考え方も違う。そんな中で、特にサンルーフ装着率の高いSUVが市場で人気となっている中国市場では、これらを背景に八千代工業は、2018年3月期の中国市場でのサンルーフ生産台数として前年度比23.1%増の125万5千台を計画している。一方、インド市場では高級車のみサンルーフなどの装備が用意されているという。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月19日 11:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp