韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  GM群山工場、1800世帯の労働者家族の涙を抱えて「お別れ」

GM群山工場、1800世帯の労働者家族の涙を抱えて「お別れ」

韓国GM群山(クンサン)工場が米国のゼネラル・モーターズ(GM)の構造調整計画によって31日、閉鎖される。稼動開始から22年目だ。親企業であるGMが2月13日、群山工場の閉鎖計画を電撃発表して始まった「韓国GM事態」は、政府とGM間の「経営正常化案」の合意で一段落したが、韓国GMが正常化に進むまでは遠く険しい道のりだ。

韓国GMは31日に群山工場を閉鎖すると30日、明らかにした。希望退職を申請した1200人余りの職員は、この日をもって退社処理される。群山工場は2月の閉鎖発表直後、残りの生産工程を終えて稼動を中断し、事実上3カ月近く止まっていた。これまで群山工場で生産してきた準中型車のクルーズと多目的車両(MPV)のオーランドは、在庫物量が尽き次第、生産が終わる。韓国GMの関係者は「工場の処分計画が決まるまで遊休設備として置いておき、維持管理のために最小限の人員だけが残ることになるだろう」と話した。

閉鎖決定直前の群山工場には1800人余りの社員が働いていた。1・2次希望退職の受付にもかかわらず残留を決めた600人余りの社員のうち、約200人は富平(ブピョン)や昌原(チャンウォン)など他の工場に転換配置され、残りの約400人は3年間の無給休職を適用されることになる。休職者に対しては、政府と労使が生計維持金を支援する策を論議中だ。


群山工場の処理問題も容易でない課題だ。GMは第3者売却の可能性を開いておいたが、これまで群山工場の買収に関心を示した所は現れていない。イ・ハング産業研究院先任研究委員は「GMが買収意向者を前提として売却の意思をほのめかしたものの、いつどのように売却するかの時点や方式については具体的に明らかにしていない。それが先に提示されてこそ政府も動くことができる」と話した。

今年に入って韓国GMの国内販売量は、昨年同期に比べて半分に落ちた状態だ。韓国GMはひび割れた消費者の信頼を回復し、営業網を復元させなければ、販売と生産の好循環構造を構築することができない。韓国GMは今月中旬、産業銀行と金融支援策を確定し、財務状態の改善など経営正常化対策を打ち出し、来年には黒字に転換させるという目標を提示している。これから5年間、新車と商品性改善モデル15種を発売するとも明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/

1997年に韓国に最後に設置された自動車工場である韓国GM群山工場が31日で閉鎖された。従業員1800人、下請け業者の従業員が1万人を超える工場だった。人口27万人の群山市は景気低迷が避けられなくなった。工場閉鎖は予定されていたことだ。最近3年間の工場稼働率は平均20%にすぎなかった。ところが、労組員は毎年1000万ウォン(100万円)以上の成果給を受け取り、工場の操業がストップしても月給の8割を受け取った。新モデルの導入遅延、ブランド競争力の低下、マーケティング失敗、販売網崩壊などが続いた。

群山工場閉鎖は韓国自動車産業の縮図だった。韓国の自動車メーカー5社の平均年収は9213万ウォン(2016年)で、日本のトヨタ、独フォルクスワーゲンを上回っていた。 しかし自動車1台を生産するのにかかる時間はトヨタやフォードより長かった。現代自動車の国内工場の生産性は海外7工場に及ばない。蔚山工場の平均年収は9400万ウォンで中国・重慶工場の約9倍だが、生産性は63%にすぎない。労組によるストライキで高コスト、低効率の構造が慢性化した。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月01日 08:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp