韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星の次世代武器は「人間の脳に似たAIチップ」

三星の次世代武器は「人間の脳に似たAIチップ」

「2030年にシステム半導体分野におけるグローバルトップ」の目標を掲げた三星(サムスン)電子が、次世代NPU技術の強化に乗り出した。三星電子は、NPU関連人材を現在の200人から10年以内に2000人に拡大するなど、NPU事業に会社を上げて力量を集中すると、18日明らかにした。

人間の複雑な神経回路網のように複数の演算を同時に処理するためには、並列コンピューティング技術が必要だが、NPUは並列演算を効率的かつ高速に処理できるので、AI具現のためには欠かせない技術に挙げられる。

すでに三星電子は、独自のNPUを搭載した「エクシノス9(9820)」を昨年リリースした。システムLSI事業部と総合技術院で関連研究を続けてきた結果だ。この製品は、さまざまな機能を一つのチップに具現したシステム半導体「システム・オン・チップ(SoC)」の基盤である。既存のクラウドサーバーとデータをやりとりして実行していたAI演算を、モバイル機器内で自主的にできる「オン・デバイスAI」を具現した。

スポンサードリンク
オン・デバイスAIは、データがクラウドを経ていないので、個人情報の保護に優れているという利点がある。同様に、クラウドを経ていないので、応答速度も速く、ネットワークのない環境でも低消費電力・低コストで駆動できる。第5世代(5G)モバイル通信技術と結合して、クラウドと周辺のAI機器を相互接続すれば、新しい推論と学習領域が繰り広げられると、会社側は期待している。
http://www.donga.com/

「NPU」とは、人工知能、特にニューラルネットワークのプロセシングユニットです。その名は「Neural network Processing Unit」を略となる。最近では、スマートフォン向けCPUのコアに多く採用される英ArmからもNPUと呼べる新たなプロセッサ「Arm ML」が発表されている。AI専用回路の開発が進められている背景には、AIが実際の機能として使われようとしているのに、CPUパワーでは追いつかないという現象が起きているためである。

NPUは、GPUがグラフィックアクセラレータと呼ばれることがあるのと同様、AIのアクセラレーターとなる。ハードウェア上に各種アルゴリズムやライブラリが搭載されていることを最大限に発揮し、消費電力あたりの作業効率を劇的に改善する。Android Oreo 8.1以降では、Android Neural Networks APIという関数群が追加されている。これは、端末側にNPUが搭載されている場合は、NPUでニューラルネットワーク演算を処理し、ない場合はCPUで実行するというもの。時代は進化しつつある。すでにHuaweiはAI向けの処理に特化した「NPU」という独自のプロセッサーを搭載している。


関連記事

[ 2019年06月19日 09:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国人の脳みそに合わせたAIは凄いなだろうなあ・・・その性能を想像することさえオソロシイですね😖
[ 2019/06/19 22:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp