韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  リベンジ的旅行が来るか?国慶節連休の観光客6億人

リベンジ的旅行が来るか?国慶節連休の観光客6億人

国慶節(建国記念日、10月1日)の連休がまもなくやってくる。今年は中秋節(旧暦8月15日、今年は10月1日)が国慶節と同じ日に重なり、8日間にわたる大型連休となった。この連休中、大勢の人が思い切り遊びに出かけたいと考えており、リベンジ的旅行の波が満を持して到来しようとしている。

携程旅行網のビッグデータ実験室が23日に発表した2020年国慶節連休旅行のコストパフォーマンスに関する報告のデータによると、今年は連休に先立って、全国の観光地1500カ所以上が入場料の無料または割引を打ち出した。また、浙江省、広東省、江蘇省、上海市、遼寧省、貴州省、陝西省、天津市、吉林省、黒竜江省など、20を超える省・自治区・直轄市の政府が旅行優待券を配布。さらに大手旅行プラットフォームが販売促進のための補助金を打ち出すなどしており、今年の国慶節連休はここ数年で最もコスパの高い旅行シーズンになっている。また携程は、中国国内の旅行市場の回復状況から考えて、今年の国慶節・中秋節大型連休の観光客は延べ6億人に達すると予想する。

中国観光研究院がこのほど発表した「中国国内観光発展報告2020年」の調査データによると、第3四半期(7-9月)には旅行したいという人が80.2%に達し、前年同期の9割を回復した。これと同時に、今年の国慶節連休期間には、国内の観光地がさらに「受け入れ人数を拡大」するとみられる。文化・観光部の18日の通達によると、観光地は新型コロナウイルス感染症の常態化した予防・抑制を着実に実施することを前提に、秋季・冬季の観光地の開放管理を秩序よく推進し、受け入れ可能人数の75%まで観光客を受け入れるという。

スポンサードリンク
同実験室の専門家は、「中国国内旅行市場の回復状況から考えて、今年の国慶節・中秋節大型連休の観光客数は延べ6億人を超え、回復率は70-80%前後に達するだろう。これと同時に、旅行市場は『リベンジ的消費』を迎える可能性があり、特にハイレベルの団体旅行やオーダーメイド旅行、レンタカーでのドライブ旅行、観光地の入場券予約、テーマ旅行といった商品のオンライン予約件数が市場の伸びを牽引するものと期待される」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/b837973-s10-c20-d0046.html

2020-09-26-k002.jpg

中国の旅行予約サイト最大手、携程旅行網の予測によると、今年の国慶節連休(10月1〜8日)の国内旅行者数は6億人を超える見通しと伝えている。前年同期の70〜80%の水準を回復するとみられている。直近の端午節連休(6月25〜27日)では、前年同期の5割程度だったことから、旅行市場の一段の回復が期待されている。 中秋節と国慶節が重なる今年は8日間の大型連休となることもあり、国内旅行を検討する人が増えている。旅行業界では、外出自粛の反動による「リベンジ消費(報復性消費)」拡大への期待感も大きい。各社がさまざまなキャンペーンを準備し、旅行客の取り込みに力を入れている。

中国政府も旅行業界の回復を支援する。文化旅遊部は9月18日、観光地の入場制限を緩和。上限を収容可能人数の最大50→75%に引き上げた。また、2019年の国慶節連休(10月1〜7日)では、国内旅客数が前年同期比7.8%増の延べ7億8200万人に拡大。国内旅行収入は8.5%増の概算6497億1000万人民元(約10兆円)。 旅行市場は『リベンジ的消費』を迎える可能性があり、特にハイレベルの団体旅行やオーダーメイド旅行、レンタカーでのドライブ旅行、観光地の入場券予約、テーマ旅行といった商品のオンライン予約件数が市場の伸びを牽引するものと期待される。

注目されるのは、感染症の影響により、今年はドライブ旅行が「新たな人気スタイル」になったことだ。今年の国慶節連休期間には、レンタカーが人気の国内旅行スタイルランキングでトップに立った。さらに、高速道路が無料になる期間が発表されると、携程のドライブ旅行商品の検索数は100%以上増加した。

関連記事

[ 2020年09月26日 08:34 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp