韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国GMに続き起亜自も部分スト…生産に支障で暗雲立ち込める自動車業界

韓国GMに続き起亜自も部分スト…生産に支障で暗雲立ち込める自動車業界

韓国の完成車業界で労組によるストが相次いでいる。今年の賃金交渉の過程で既に4回の部分ストを実施した韓国GM労組に次いで、今度は起亜自動車の労組が部分ストの実施を決めた。全国民主労働組合総連盟(民労総)傘下の金属労組に所属する起亜自労組は、19日に開かれた争議対策委員会の会議で、今月24-27日の4日間を1日4時間の短縮勤務とし、部分ストを行うと決定した。今回の決定により、起亜自労組は9年連続でストを実施することになった。

起亜自の労使は前日の18日、所下里工場で13回目の交渉に臨んだが、最終的に決裂した。会社側は基本給の凍結を主張し、ストを行わない場合は成果給150%と新型コロナ特別激励金120万ウォン(約11万2000円)、在来市場の商品券20万ウォン(約1万8600円)などを支給する案を提示したが、労組は交渉決裂を宣言した。労組側は「昨年は大きな経営成果を上げ、今年もコロナ禍でも2兆ウォン(約1800億円)以上の成果を出しているにもかかわらず、本社のガイドラインに阻まれ進捗のないことに納得がいかない」と表明した。

起亜自労組はこれに先立ち基本給12万ウォン(約1万1200円)引き上げと昨年の営業利益の30%の成果給支給、定年延長に加え、既存工場内への電気・水素車モジュール部品工場の設置、賞与金・通常賃金の拡大適用などを要求した。

スポンサードリンク
労組の部分ストにより、起亜自も生産損失を避けられなくなった。業界によると、今回のストによる生産損失は約1万6000台に達すると推定される。先に部分ストを実施した韓国GMの場合、すでに約2万台の生産損失が発生したとみられている。起亜自の関係者は「新型コロナ感染再拡大の懸念が現実化しているにもかかわらず、労組がストを推進することについて、非常に残念に思う」と話した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/19/2020111980282.html

2020-11-20-k002.jpg

自動車生産と購入心理の回復に支えられて、韓国内の5つの自動車メーカーが年明けの低迷から少しずつ回復している。自動車メーカーが公開した10月の販売業績を総合した結果、起亜(キア)自動車、韓国GM、双竜自動車が内需の成長と輸出回復に支えられて、昨年10月に比べて販売台数を伸ばした。起亜自動車は、スポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)の米国での販売好調などに支えられて、輸出が昨年10月に比べて7%も伸び、内需成長率(1.8%)を上回った。今年1〜10月の累積販売も、前年同期比7.2%減少して、新型コロナによる不振を一部相殺した。韓国GMも、米国でのSUVの人気により、「シボレートレイルブレザー」と「ビュイックアンコールGX」を前面に出した輸出が2.4%伸びた。

だが韓国自動車業界は、「コリアセールフェスタ」などの年末特需を迎えて、大きなプロモーションを準備しているが、労使対立の長期化で生産の支障が業績回復の足を引っ張るのではないかと懸念していた。労組が残業と特別勤務を拒否し部分ストを行った韓国GMは、8000台の生産に支障が発生すると、韓国自動車産業協会は、「SUVの輸出受注が拡大する状況で、部分ストによる生産支障により再び黒字転換の希望を挫折させかねない」と懸念した。結局労使が回復状態を自滅に導いた形だ。ご都合韓国では、自滅してでもストを実施する国であるから、自国状況無視で、何でもかんでも政府の税金頼みである。その税金はすでに枯れている。

関連記事

[ 2020年11月20日 09:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp