韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の世論は元・前大統領の恩赦はNO! 財閥サムスンの総帥には恩赦を!

韓国の世論は元・前大統領の恩赦はNO! 財閥サムスンの総帥には恩赦を!

韓国財閥No.1のサムスンの実質的オーナー・李在鎔サムスン電子副会長が朴槿恵前大統領への贈賄罪で懲役2年6か月の実刑判決を受け、ソウル拘置所に再収監されて4日経ったが、韓国経済を牽引してきた世界的ブランド企業であるサムスンの実質的トップの拘束、収監は韓国経済、社会に大きな動揺と波紋を広げている。

サムスンは社員19万人を擁し、世界各地に65の生産法人と130の販売法人を展開し、売上高が300兆ウォンで、韓国のGDPでは22%、輸出額では全体の24%を占め、資産が韓国国富の3分の1に迫る大企業である。韓国経済に影響を及ぼさないわけがない。 早くも判決が出た翌日(19日)には青瓦台のHP国民請願掲示板に29歳の青年による「大統領様、李在鎔副会長の特別赦免を要請します」との請願が、さらに21日にも「李在鎔サムスン総帥の赦免、釈放を請願します」との請願が相次いで掲示された。

前者の請願には「韓国の1等企業であるサムスンがリーダーの不在で経営が少しでも停滞すれば、2年、5年後には韓国は途轍もない経済危機に見舞われかねない。経済を救ってもらいたい」との心情が綴られていた。この請願への賛同者は22日午後1時現在5万人を突破し、51296人に達している。

スポンサードリンク
後者の請願には「今、韓国は類例のない経済難に喘いでいる。多くの人が職を失い、商工人もまた廃業に瀕しており、国民経済は大変な状況にある。IMF危機のような経済危機が再来するのではとの心配の中で我々は暮している。このような時に韓国経済の軸となっているサムスングループの総帥を拘束することが果たして正しい選択と言えるのだろうか」と裁判所の判決に疑問を提示していた。

李在鎔副会長の恩赦を求める声は経済界でも高まっており、日本の経団連にあたる全国経済人連合会(全経連)は「サムスンが韓国経済で占める比重、グローバル企業としての位相を考えると、今回の判決によるサムスンの経営活動の委縮は一企業を越え、韓国経済全般に悪影響を及ぼす恐れがある」との談話を発表している。 全経連に続き韓国経営者総協会も韓国貿易協会も、「コロナ」の渦中に韓国を代表するグローバル企業の経営空白は経済、産業全般に悪影響を及し、国際市場におけるサムスンのブランドにも悪い影響を及ぼすと、それぞれ収監を危惧する談話を出している。
https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20210122-00218883/

2021-01-19-k001.jpg

朴槿恵前大統領などへの贈賄罪に問われた差し戻し審で、サムスングループ経営トップの李在鎔サムスン電子副会長が懲役2年6か月の実刑判決を言い渡されたことについて、国民の半分近くが「判決が重すぎる」と答えている。世論調査会社「リアルメーターが」が全国18歳以上の男女500人を対象に調査を行ったところ、李副会長の判決について「重すぎる」と答えた人は46% 「軽い」と答えた人は24.9%、「妥当だ」と答えた人は21.7%、「よく分からない」と答えた人は7.5%。ほとんどの年代で「重い」と答えた人が多かった一方、20代は、「軽い」と答えた人が32.9%でもっとも多く、「重い」と答えた人は28%、「妥当だ」と答えた人は27.5%。

李副会長は、2017年2月17日に身柄を拘束されて取り調べを受け、同じ年の8月の一審で、懲役5年の実刑判決を言い渡され、2018年2月の二審では、高等裁判所がこのうちの36億ウォンだけを賄賂とみなし、50億ウォン相当については無罪となった結果、執行猶予が付いたため、釈放されている。この間1年間収容されているため、残りの収監期間は1年半となる。

関連記事

[ 2021年01月23日 08:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp