韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  虫垂破裂で手術の李在鎔サムスン電子副会長、大腸も一部切除

虫垂破裂で手術の李在鎔サムスン電子副会長、大腸も一部切除

サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が虫垂破裂で緊急手術を受け、大腸の一部切除も受けていたことが24日までに分かった。

医療界と財界によると、李在鎔副会長は17日、虫垂が破裂し、2日後に病院に収容された。その間に虫垂内部の異物が腹膜内に拡散し、大腸の一部も壊死したため、大腸の切除手術も同時に行われた。医療関係者は「命に別条はないが、38度以上の高熱が続いている。食事も取れない状況だと聞いている」と話した。25日には資本市場法が定める不正取引・相場操作、外部監査法違反などの事件で初公判に出廷する予定だったが、弁護人が「3週間の安静必要」との診断書を裁判所に提出し、審理は4月22日に延期された。  

ソウル拘置所に収監されていた李在鎔副会長は今月16日から高熱が出て、週末を控えた時点で腹痛が激しくなり、ソウル拘置所の指定病院である京畿道安養市の翰林大聖心病院に移送された。虫垂が破裂していることが判明したため、病院側はサムスンソウル病院で手術を受けるよう勧告し、同日深夜に同病院で緊急手術を受けた。

スポンサードリンク
李在鎔副会長は今年1月の国政介入事件差し戻し審で懲役2年6月の判決を受け、収監された。ソウル高裁は当時、李副会長が朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領と崔ソウォン(チェ・ソウォン、改名前は崔順実=チェ・スンシル)氏に崔氏の乗馬支援費70億ウォン(約6億7000万円)、崔氏が設立したウィンタースポーツ英才Sネター関連で16億ウォンなど合計86億ウォンの賄賂を渡し、そのために会社資金を横領したなどと認定し、実刑を言い渡した。裁判所は当初、李副会長に「実行的な法律順守監視制度の整備」を勧告し、量刑に反映する可能性を指摘していたが、判決段階では「新たな法律順守監視制度に十分な実効性がなく、量刑条件として酌量するのは適切ではない」と判断した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/03/25/2021032580001.html

2014-12-25-sa.jpg

1月18日、韓国サムスン電子の李在鎔副会長が前大統領の知人への贈賄罪に問われた差し戻し控訴審で、ソウル高裁は18日、懲役2年6月の実刑判決を言い渡した。李副会長は再び収監され、サムスン電子の主要な意思決定や、昨年10月に死去した父の李健煕会長からの継承プロセスに関与できなくなる。サムスンはトップ不在に陥る。

そんな中での手術となる。法務部は2月15日、李副会長の就業制限について、5億ウォン以上の横領により有罪が確定した場合、刑期を終えた日から5年間就業が制限される特定経済犯罪加重処罰法の規定に従い、李副会長はサムスンの経営から手を引かなければならないと伝えている。

関連記事

[ 2021年03月25日 08:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp