韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  インドで現代自動車不買運動、SNS投稿が原因

インドで現代自動車不買運動、SNS投稿が原因

インド市場で販売好調だった現代自動車がソーシャルメディア(SNS)への投稿内容のせいでインド・パキスタン間の領土紛争に巻き込まれた。

発端は今月5日、現代自のパキスタンでの提携企業、現代ニシャットの公式SNSアカウントに掲載された文章だ。内容は「カシミールの兄弟たちの犠牲を忘れず支持しよう。彼らは自由のために戦っている」というものだった。カシミール地方はインドとパキスタンがそれぞれ自国領だと主張しており、第1次、第2次印パ戦争のきっかけとなった。問題の文章が掲載された日はパキスタンの祝日であるカシミールデーだった。

投稿内容がインターネット上で広がると、インドのネットユーザーは「現代自がパキスタンの味方をした」「我々を 侮辱した」などと興奮。インドのSNSやポータルサイトには「現代車を予約していたがキャンセルした」といった書き込みがあった。現代自グループは昨年、インドで69万台を売り上げ、現地の日系メーカー、マルチ・スズキに次ぐ2位だった。

スポンサードリンク
問題の投稿は現代ニシャットの現地社員が行ったものだという。現代自は2017年、パキスタンのニシャットグループに半製品を提供し、ニシャットが最終組み立てと販売を行う内容の協定を結んだ。その際に設立されたのが現代ニシャットだ。現代自関係者は「現代自は現代ニシャットには出資しておらず、経営にも関与していない。会社はニシャットグループに所属している」と説明した。 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/02/10/2022021080003.html

2022-02-10-k001.jpg

韓国自動車大手、現代自動車のパキスタンの販売代理店がソーシャルメディアに投稿したカシミールを巡る内容がインド国内で同社製品の不買呼び掛けにつながり、インド政府が韓国の大使を呼び出して不快感を表明する事態に発展した。販売代理店が5日、「カシミール連帯の日」に関連した投稿をフェイスブックやツイッターに上げたことをきっかけに、現代自動車の不買を求める声がインドで巻き起こった。

この投稿はすでに削除されているが、ソーシャルメディア上の画像やインドのメディアによると、投稿には「カシミールの兄弟の犠牲を思い出し、彼らが自由のために闘い続けるのを支援しよう」と書かれていたという。 1947年8月、英領インドが、インドとこれを東西両翼で挟む形でパキスタンに分割された際、カシミールではイギリスから帰属決定権を付与された藩王が最終的にインドを選択した。

しかし、パキスタンはこれを認めず、カシミールへの進攻を図り、同年10月に第一次印パ戦争が勃発した。国際連合の調停により1949年1月に停戦が成立し、同年7月に印パ政府の協議により、カシミールを印パに分かつ停戦ラインが画定された。

関連記事

[ 2022年02月10日 08:03 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
インドとパキスタン「領有争い」で不買運動をするなら。
竹島で揉めている日本でも、まさしくヒュンダイ不買運動が行われるべきでしょう。
[ 2022/02/10 10:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp