韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  今年上半期、韓国証券市場は世界最下位圏

今年上半期、韓国証券市場は世界最下位圏

今年上半期の世界主要株式市場代表指数の中で、韓国の株価指数の成績が最下位圏を記録した。27日、韓国取引所とIBK投資証券の資料によれば、今年に入って今月24日までに韓国総合株価指数(KOSPI)は20.52%、コスダック(KOSDAQ)指数は27.44%下落した。

世界の代表的な20の株価指数のうち、西側の金融制裁を受けているロシアの指数(-36.85%)を除けばコスダックの下落率が最悪だ。次いでナスダック(-25.81%)・ベトナム(-20.88%)に続きKOSPIが5番目に下落幅が大きかった。モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)がドル基準で発表する韓国の株価指数は、年初比27.76%下落した。韓国ウォン安にともなう為替差損が加わって外国人投資家の売り越しを触発した結果だ。

アジア周辺国の証券市場と比較すると、韓国証券市場の落ち幅が目立つ。中国の上海総合指数(-7.97%)、香港ハンセン指数(-7.17%)、日経平均株価指数(-7.99%)より3倍以上下落幅が大きかった。韓国の証券市場と同じく半導体関連株の比重が大きい台湾の加権指数が今年に入り16%下がり、下落幅が大きい方だったが、KOSPIやコスダックよりは小さかった。

スポンサードリンク
韓国国内を業種別に見れば、指数の流れを主導する半導体株が業界の状況を憂慮して急落し、KOSPI・コスダックの主要株式を織り込んだ半導体業種指数が6月だけで19.57%(24日終値基準)下落した。6月に鉄鋼(-18.99%)、建設(-17.21%)、耐久消費財(-14.95%)、運送(-14.58%)など景気に敏感な業種の劣勢が目立った。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/43871.html

2022-06-28-k005.jpg

今月、韓国の株式市場が、世界主要国の証券市場の中で最も高い下落率を示した。スタグフレーション(景気低迷の中で物価上昇)の懸念が世界証券市場を引き下げている。韓国証券市場は特に低迷した成績を出した。輸出実績が鈍化する展望と目前に迫った韓米金利逆転、相次ぐ損切りおよび反対売買物量が国内証券市場を押さえつけた結果となった。

26日、韓国取引所によると、今月に入ってコスダック指数は16.01%、コスピ指数は11.89%下落した。世界代表株価指数40のうち、それぞれ下落率1、2位だ。 高いインフレ(5月60.7%)で基準金利が年52%に達するアルゼンチン(マーバル、-10.49%)よりさらに高い下落率だ。同期間、米S&P500指数とナスダック指数はそれぞれ5.33%、3.92%下落した。 ダウ指数も4.51%下がった。

アジア証券市場と比べても、韓国証券市場の下げ幅は目立つ。日本の日経平均株価の下落幅は、2.89%にとどまった。韓国のように半導体業種の割合が大きい台湾の加権指数は8.95%下落したが、韓国よりは下げ幅が小さかった。

関連記事

[ 2022年06月28日 08:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp