韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  米、「テロとの戦争」に使った無人攻撃機「リーパー」日本に配備

米、「テロとの戦争」に使った無人攻撃機「リーパー」日本に配備

米国は、最先端の無人機MQ-9「リーパー」を東シナ海に接する日本の航空自衛隊の基地に配備した。太平洋地域では初めて配備されるこの無人機は、中国に対する軍事的牽制を強化する手段だ。

米空軍は26日、第319遠征偵察飛行中隊が24日に日本本土最南端の鹿児島県の鹿屋基地で再編され任務遂行に入ったと明らかにした。米空軍は、過去に米本土で同じ名前で活動した飛行隊から名称を取ったこの部隊が、「自由で開かれたインド太平洋」という目標を持って米日の情報活動を担うことになると説明した。鹿屋基地に8機が配備されたことが分かった「リーパー」は、台湾に関する中国軍の動向の把握に投入されるものとみられる。

「リーパー」は最も強力な能力を持つ無人機といわれる。最高時速480キロメートル、航続距離1850キロメートルの性能を有しており、優れた偵察・監視能力とともに精密ミサイルによる攻撃能力を備えている。そのため、米国が中東で行った「テロとの戦争」で主要目標物を攻撃する手段としてしばしば使われた。

スポンサードリンク
米国は2020年1月、「リーパー」を活用し、イラクのバグダッド空港で、イラン革命防衛隊コッズ部隊のカセム・ソレイマニ司令官の動きを監視しミサイルを撃ち殺害した。当時、機体に装着されたカメラが服装を把握してソレイマニ司令官の動きを追跡し、車両内部の座席の位置まで探知したといわれている。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/44956.html

2022-10-29-k001.jpg

米空軍のMQ-9「リーパー」は、無人機の中で最も高い攻撃能力を持つ。MQ-1「プレデター」の拡大改良タイプで、最初から武装偵察機として開発され、当初は「プレデターB」と呼ばれた。全長10.97メートル、全幅20.12メートルと、主翼が異常に長い形状なのはMQ-1と同じだが、全体のサイズは一回り以上大きい。

エンジンもターボプロップに強化され、最高速度は時速400キロ以上になった。主翼下に設けられた6カ所のハードポイントに最大1361キロの外部兵装を搭載し、ヘルファイア・ミサイルのほかGBU-12レーザー誘導爆弾、GPS誘導のGBU-38JDAM爆弾などの精密誘導兵器を使用できる。

センサー類もMQ-1より高度化されており、およそ1万5000メートルの上空からターゲットの情報を収集し、リアルタイムで管制センターに送信する。

関連記事

[ 2022年10月29日 08:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp