韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  スポーツ

最新記事

お笑い韓国マラソン

身長151センチという瀧﨑邦明選手は日本で活躍するお笑い芸人で、芸名は猫ひろしだ。持ちネタは小さな体で「ニャー」と叫ぶ猫のまねだ。マラソンに挑戦するバラエティー番組に出演したのがきっかけで、走る楽しさにすっかりハマった。「国籍を変えて五輪に出てみたら?」と言われて、2011年にカンボジア国籍に変更した。08年に初めて出た東京マラソンで3時間48分を記録。五輪出場の夢をかなえたリオでは2時間45分で、出場した140人中、ビリから2番目だった。それでも39歳のマラソンランナーは拍手喝采(かっさい)を浴びた。

専門家に聞いてみると、「お笑い芸人だからといってバカにしてはならない選手だ」と言われた。フルマラソンを3時間以内で完走する「サブ3」はアマチュア選手にとって夢の記録だ。血の汗を流すような努力が必要な上、そうした努力をしたからと言って必ずできるわけではない。高校時代には校内マラソン大会で優勝したことがあるという。それにしても自己最高記録2時間27分は立派だ。39歳という年齢にしてマラソンに専念している選手に劣らない情熱と体系的なトレーニングがなければ、到達するのが難しい境地だ。

このお笑い芸人の「無限挑戦」により、彼と最下位争いをした韓国代表2人はなおのこと面目丸つぶれだった。138位になった韓国人選手の記録は猫ひろしよりを3分上回るだけだ。いろいろと事情はあっただろう。2人はかかとや太ももに痛みを感じたという。監督は「選手村の食事が口に合わず、調整も失敗した」と言った。だが、食事が合わない選手は1人や2人ではないだろうし、調節失敗は選手の責任だ。1カ月半後の全国体育大会(日本の国民体育大会=国体に相当)を前に体力を温存したのではないかと疑う声もあるほどだ。

[ 2016年08月24日 10:49 ] カテゴリ:スポーツ | TB(0) | CM(0)

戦争加害国・日本、リオ五輪で憎たらしいほど楽しく平和を演出

リオ五輪で日本は韓国だけでなく全世界を何度も驚かせた。リオ五輪で、日本はこれまでの五輪最多メダル記録だった合計38個(2012年ロンドン五輪)を塗り替えた。金12個・銀8個・銅21個、合計41個のメダルを獲得し、8位の韓国を上回ってメダル獲得数総合ランキング6位に浮上した。中でも印象的だったのは、陸上男子400mリレーで「稲妻」ウサイン・ボルトが出場したジャマイカの次にゴールし、銀メダルを手にしたことだ。「陸上強国」米国も日本に追い付かなかった。

2020年に東京五輪を開催する日本は、22日にマラカナン競技場で行われたリオ五輪閉会式でも世界の注目を集めた。日本に与えられた時間はわずか8分間。だが、その短い時間でフレームが光る六面体を使ったダンサーたちの印象的なパフォーマンスを行った。これだけではない。マラカナン競技場に設置された電光掲示板には、東京五輪のPR映像が映し出された。右傾化や平和憲法改憲推進などで周辺国との確執が深刻になっている状況だが、日本はそうした面を見せることなく、憎らしいほど楽しく平和のメッセージを伝えた。

日本は漫画やゲームのキャラクターなど全世界の人々が気軽に楽しめ、身近に感じているポップカルチャー(大衆文化)をキーワードにPR映像を作った。映像にはサッカー漫画の主人公「キャプテン翼」、漫画キャラクター「ドラえもん」、グッズ・キャラクター「ハローキティ」、ゲーム・キャラクター「パックマン」が相次いで登場。大衆文化を通じて日本の「ソフトパワー」を強調しようという戦略だった。PR映像のハイライトは、人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」のキャラクター「マリオ」だった。1985年に初めて登場して以来、200以上のテレビゲームに登場しているマリオは、PR映像で日の丸を象徴する赤いボールをリオに届ける役割を担った。

[ 2016年08月24日 10:23 ] カテゴリ:スポーツ | TB(0) | CM(1)

愛ちゃんは良く頑張った!メダル獲得ならずも中国で健闘称える声

ブラジルで開催中のリオデジャネイロ・オリンピック(リオ五輪)の卓球女子シングルス準決勝で、中国の李暁霞(り・ぎょうか)選手に敗れた日本の福原愛選手は3位決定戦で北朝鮮のキム・ソンイ選手に敗れ、残念ながらメダル獲得はならなかった。

中国でも福原愛選手の試合は毎回大きな注目を集めたが、中国での注目の理由は何と言っても福原選手が中国で絶大なる知名度と人気を誇るためであろう。中国メディアの西安文明網はこのほど、瓷娃娃(瀬戸物の人形)との愛称で親しまれる福原選手が中国語に堪能である理由と、中国で愛される理由を紹介している。

記事は、福原選手が幼少から卓球を始め、多くの中国人選手に師事してきたうえ、中国卓球スーパーリーグの参戦することで中国語を磨いたことを紹介し、「今や押しも押されぬ中国通」であると論じた。

また、中国語にも方言があり、福原選手の中国語には「師事する中国人の出身地域」に応じた方言が混じっていることを紹介し、こうした方言も福原選手が中国で愛される要因の1つであることを紹介した。

[ 2016年08月12日 13:52 ] カテゴリ:スポーツ | TB(0) | CM(2)

「小さな巨人」内村航平、機械のような完ぺき演技で個人総合V2

身長162センチの「小さな巨人」が44年ぶりに五輪体操男子個人総合2連覇の偉業を達成した。
11日未明(以下、韓国時間)、ブラジル・リオデジャネイロのリオ五輪スタジアムで行われた体操男子個人総合決勝で、日本の内村航平(27)が劇的な逆転勝ちにより金メダルを手にした。同種目のロンドン五輪金メダリストでもある内村は、9日の団体に続き金メダルを1つ追加し、五輪2冠と2連覇を同時に達成した。同種目五輪2連覇は史上4番目で、1968年と72年の加藤沢男=日本=以来44年ぶりだ。

内村は決勝6種目(床・あん馬・つり輪・跳馬・平行棒・鉄棒)のうち、3番目の種目のつり輪が終わった時点で3位だった。しかし、跳馬で2位に浮上、最後の鉄棒で15.800の高得点を取り合計92.365点を記録、92.266点だったオレグ・ベルニャエフ=ウクライナ=を抜いた。現場で応援していた内村の母親は「人生の中でこんなに大変だった試合は初めて」と涙を見せた。内村は「もう何も出ないところまで出し切った。一番いい色のメダルがとれたので幸せ」とコメントした。早朝に飛び込んできた金メダルの知らせに日本列島は熱狂した。日本のメディアやネットユーザーたちは「スーパーマン(内村のニックネーム)が奇跡を起こした」「やはり日本の国宝」と彼の勝利を祝った。

1989年に福岡県北九州市で生まれた内村は、元体操選手の両親が運営するスポーツクラブで3歳の時から体操を始めた。内村の両親は小学生の息子の誕生日プレゼントに100万円もする練習用マットを買ってやるほど支援を惜しまなかった。

[ 2016年08月12日 11:32 ] カテゴリ:スポーツ | TB(0) | CM(3)

イチロー 涙の3000安打 メジャー史上30人目

<ロッキーズ7-10マーリンズ>◇7日(日本時間8日)◇クアーズフィールド
マーリンズ・イチロー外野手(42)が史上30人目となるメジャー通算3000安打を達成した。

 「6番中堅」で先発出場。
 1回の第1打席は空振り三振。
 3回の第2打席は投ゴロ
 4回の第3打席で遊ゴロに倒れた。
 7回の第4打席で右越え三塁打を放って3000本に到達した。ベンチからチームメートが飛び出しイチローを祝福した。

その後マシスの適時打で生還。ダグアウトに戻ったイチローはベンチに腰を下ろすと、サングラスをかけたまま泣いた。涙がほおを伝った。 9回の第5打席は四球。4打数1安打1四球で打率は3割1分7厘。マーリンズは10-7で勝ち、3000安打達成試合を白星で飾った。 米国野球殿堂入りの目安とされる金字塔で、将来的に日本選手で初めて殿堂入りを果たすことがほぼ確実となった。

[ 2016年08月08日 18:53 ] カテゴリ:スポーツ | TB(0) | CM(0)
サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp