韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】訪韓日本人観光客 朝鮮半島の緊張で減少

【韓国経済】訪韓日本人観光客 朝鮮半島の緊張で減少

韓国を訪れた日本人観光客が減少に転じたことが、25日明らかになった。韓国観光公社などによると、4月に韓国を訪れた日本人観光客は前年同月比5.4%減少の16万5700人だった。北朝鮮による挑発など、朝鮮半島情勢に対するメディアのネガティブな報道が影響を与えたとみられる。

特に、韓国への修学旅行を予定していた日本の学校からの予約キャンセルが多かった。昨年2月、訪韓日本人観光客が3年6カ月ぶりに前年比で増加に転じてからは毎月伸びていたが、4月は再び減少した。2012年3月に36万人を超えて過去最多を記録した訪韓日本人観光客は、同年9月から昨年1月まで減少を続けた。昨年1月の日本人観光客は13万6000人だった。 これにより韓国政府の今年の日本人観光客誘致目標(300万人)の達成が危ぶまれる。

国政府が米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発し、3月から自国の旅行会社に韓国団体旅行商品の取り扱いを中止させたことで中国人観光客も約67%減少しており、韓国の観光業界は二重の打撃を受けた。 中国以外の国・地域からの年間観光客誘致目標(1120万人)の達成も不透明になった。


一方で、4月に日本を訪れた韓国人観光客は前年同月より大幅に増加した。日本政府観光局によると、4月に日本を訪れた韓国人は55万4600人と前年同月より56.8%増加し、訪韓日本人観光客の3倍以上となった。訪日韓国人観光客の増加は、THAAD配備を巡る中国内の反韓感情の高まりにより、近場の海外旅行の行き先として日本を選ぶ韓国人が多かったためと分析される。韓国観光公社も中国市場より日本市場向けマーケティングに力を入れているが、安保問題のため努力が実を結ばなかった形だ。 

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、昨年、韓国を訪れた日本人観光客が4年ぶりに増加傾向に転じたと報じたのが今年2月となる。韓国観光公社は昨年に韓国を訪問した日本人は229万7893人と、前年より23.4%増えた。訪韓した日本人は2012年341万8792人と最高となって以来減少した。

韓国観光公社の関係者は「韓日関係が改善されたことが日本人観光客の心理にも影響を及ぼした」とし、「最近釜山(プサン)少女像設置問題などで両国間緊張が高まっているが、予約の取り消しなどの否定的な事例は発生していないだけに、今年も増加傾向が続くだろう」と説明した。 一方、昨年日本を訪問した韓国人観光客も大きく増え、訪韓日本人の2倍以上となった。日本政府観光局(JNTO)によると、昨年に訪日した韓国人観光客は509万300人と、前年より27.2%増加した。韓国の訪日観光客数が500万人を超えたのは初めてとなる。

今年の訪韓数はそう単純ではなさそうだ。日本では韓国と言う国への嫌韓影響は予想より少なかった。それだけ韓国への興味が薄いともいえるのだが、北朝鮮の脅威はそういうレベルではないわけで、危険と分かっていて、わざわざ行くほどの国ではない。むしろ渡航制限しない日本政府に問題があるわけで、個人的にはぜひ渡航を控えてほしいと思うが…。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年05月25日 11:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp