韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国で日本への花見ツアーが大人気

中国で日本への花見ツアーが大人気

2019年3月12日、中国紙・北京青年報(電子版)は、中国で日本への花見ツアーが人気商品になっていると報じた。 記事は、中国国内でも内陸部の武漢や上海などに桜の名所があるが、少なくない旅行会社が「海外花見ツアー」商品に力を入れており、特に日本が最も人気のルートになっていると紹介。

「今年の日本の桜の見頃は3月19日ごろから南から北へと4月末まで続く。中国人が最もよく訪れる東京や大阪は、3月23日から16日ごろが見頃だ」とし、中国の大手旅行サイト「Fliggy(飛猪)」によると、中国国内の各都市から東京・大阪へ向かう航空券は3月20日ごろから値上がりし、直行便の往復航空券は概ね2300元(約3万8000円)以上となり、4月の清明節連休(今年は5日~7日)後に値下がりするだろうと伝えた。

そして、中国の大手旅行サイト「Tuniu(途牛)」関係者が、「今春、中国国内の桜の開花は例年に比べて遅くなるとみられることから、日本への花見ツアーが人気商品になっている。

スポンサードリンク
価格は20%程度上昇するとみられる」と話していることを紹介し、「こうしたブームに乗り遅れまいと、国内の各航空会社が2~3月に開設・増便を申請した日本路線は60以上に上る」と伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

2020年の東京オリンピック開催に向け、日本の旅行業界は活気づいている。近年、満開の桜を楽しもうと、春先に日本を訪れる訪日外国人旅行者の数が増加している。舞い散る桜の木の下で酒を酌み交わし、食べて飲んでにぎやかに楽しむお花見の習慣は日本独自のものですが、この“Hanami(ハナミ)”に魅せられる外国人が非常に多い。日本全国には数えきれないほどの美しい桜が堪能できる名所や人気スポットがあり、ガイドブックなどで紹介されているため、近年多くの外国人がカメラ片手に訪れるという。場所によって全く風情が異なる事から、多くの観光客が複数の桜名所をめぐるのが通例となっているという。

一方で、アメリカやスウェーデン、デンマークなどにも美しい桜の名所がある。世界のメディアで取り上げらたが、多くは日本が友好や親善の証として、自治体などに寄贈した桜が成長したものだそうだ。今年は昨年より多くの花見客が海外から押し寄せる。是非マナーを守ってほしいと願うが…。

関連記事

[ 2019年03月13日 18:40 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp