韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  テルライドの突風…起亜自動車が米市場を「疾走」

テルライドの突風…起亜自動車が米市場を「疾走」

米自動車市場が萎縮する中、起亜(キア)自動車が現地市場の攻略のために発売した大型スポーツ用多目的車(SUV)テルライドの人気のおかげで販売台数が大幅に伸びた。

3日、起亜自動車の米販売法人によると、起亜自は3月、米市場で5万5814台を販売し、前年同期(5万645台)比販売台数が10.2%も伸びた。第1四半期(1~3月)の累積販売台数も13万6596台で、昨年同期より7.6%伸びた。今期の業績は、2016年第1四半期以来最大となっている。 起亜自動車の販売台数が急増したのは、3月から本格的に販売を開始したテルライドの善戦のおかげだ。先月5080台が売れたこの車両は、大型SUV需要の大きい米市場を攻略するために、デザインから生産までを全て米国で行った。

起亜自動車の関係者は、「大型車を好む米消費者をうまく攻略したおかげで、期待を上回る成績を収められた」と語った。起亜自動車の看板モデルである中型SUV・ソレントも、先月9507台が売れて、前年同期比売上が18.4%も伸びた。テルライドを見るために展示場を訪れる客が増えたことで、他の車の販売にも前向きな影響を及ぼしているという分析だ。テルライドの韓国発売時期はまだ決まっていない。

スポンサードリンク
現代(ヒョンデ)自動車も成績は悪くない。現代自の米販売法人は3月、米市場で6万2627台を販売して、昨年同期より販売台数が1.8%伸びた。第1四半期の販売台数は、前年同期比2.1%伸びた。中型SUVである新型サンタフェは1万929台、準中型SUVツーソンは1万1976台が売れ、全販販売台数の36.5%を占めた。
http://japanese.donga.com/

2019-04-04-k001.jpg

1-3月累計で現代自が、151,787台で前年同期比+2%となる。起亜自は、136,596台で前年同期比で+7.6%となる。 トヨタも日産も前年同期比でマイナスとなっている中で、韓国勢としては頑張っている。台数的には、スバルが1-3月累計で、156,754台であるから、現代自も起亜自もスバルの台数に到達していない。

関連記事

[ 2019年04月04日 09:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp