韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  5・6月に最低3回会う米日首脳、北朝鮮ばかり見る韓国

5・6月に最低3回会う米日首脳、北朝鮮ばかり見る韓国

日米間では今年上半期だけで少なくとも3回、首脳外交が行われる。しかし、韓国は日本と歴史問題で対立し、米国とは先日の首脳会談において北朝鮮の核問題解決策をめぐる意見で歩み寄りがなかった。外交関係者の間では、韓国政府が南北関係改善を無理に推し進めようとして韓米日3国協力で孤立する恐れがあるとの懸念が高まっている。

日米首脳の対面は、今月末の安倍晋三首相訪米を皮切りに、5月の新天皇即位後、6月の大阪主要20カ国(G20)サミットへのドナルド・トランプ米大統領出席など、少なくとも3回予定されている。昨年の強制徴用賠償判決などで韓日関係が冷え込んでいる中、日米間の「同盟アピール」行事が相次いでいるのだ。文在寅(ムン・ジェイン)政権は韓日関係で一種の「放置・無視戦略」を取りつつ、韓米関係に力を入れているが、北朝鮮との非核化対話で進展がなければ韓米首脳間の意思疎通も空回りする可能性が高いと指摘されている。

スポンサードリンク
(中略) 韓国政府消息筋は「ベトナム・ハノイでの2回目の米朝首脳会談後、米国が韓国政府に公開する情報量が減り、『ホワイト・ライ』(善意のうそ)をつくことが増えている」と語った。米国が米朝間の「仲裁者」「促進者」を自任してきた韓国政府の役割を疑う雰囲気も感じられるということだ。
http://www.chosunonline.com/

2019-04-16-k002.jpg

朝鮮日報も中途半端で歯切れが悪い。”韓米日3国協力で韓国が孤立する恐れがあるとの懸念”というが、懸念ではない。すでに孤立している。米国は韓国など相手にしていない。邪魔な存在と言うわけだ。仲介など出来る国ではない。瀬取りに制裁緩和を打ち出しだし勝手に動いている。挙句に日本は過去に前例がないほどに卑劣に扱われた上に、敵国扱いであるから、韓国など潰したいだろう。腹の中では真実がうごめいている。また米朝首脳会談で、夫人の目の前でトランプが吠えるようなことはしないだろう。吠えるにも値しない文氏である。

関連記事

[ 2019年04月19日 18:48 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
南北の権力闘争
韓国は駐留米軍を存続させながら、
北朝鮮支援を続けるという二面作戦だから、
北朝鮮には、いやらしく映るでしょう。

人民が腹を空かせた北に、物資支援で、恩義を売る。
今起こっていることは、南北の権力闘争ですよ。
[ 2019/04/19 21:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp