韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国航空会社のボーイング社への賠償請求、世界最大の630億円規模

中国航空会社のボーイング社への賠償請求、世界最大の630億円規模

中国航空運輸協会は24日、自国の航空会社13社が米ボーイング社に対して、同社製のB737MAX旅客機が使用できなくなったなどで損害賠償を請求したことを「積極的に支持する」考えを明らかにした。中国の航空会社の損害は累計40億元(約634億円)前後になるという。中国中央電視台(中国中央テレビ)が2019年5月24日付で伝えた。

2018年10月にインドネシアで、19年3月にはエチオピアで、B737MAXの墜落事故が発生した。2件の墜落事故については、失速を防ぐシステムの不具合が関係した可能性が指摘されている。19年5月には、ボーイングの技術者が2017年時点でB737MAXの失速警報装置に不具合があることを認識していたと報じられたことで、同社に対する批判は一層高まった。

中国航空運輸協会の劉樹国秘書長は、中国の航空会社のボーイング社に対する損害賠償請求について、B737MAXと引き渡しの遅延により重大な損失が発生したと説明。運航復活の時期は不明だが、6月末まで使用できない状態が続くとして、中国の航空会社の損害は累計40億元(約634億円)前後になると見込まれ、運航復活が遅れれば、損失はさらに拡大するという。

スポンサードリンク
劉秘書長は、中国の航空会社は同機の世界最大のユーザーであり、損失も世界最大になると説明。そのため、協会は会員企業の損害賠償関連作業を積極的に支持し、協力するという。 同協会関係者によると、中国では航空会社13社がB737MAX8を計96機、使用していた、また、2019年には同型機130機の引き渡しを受ける予定だった。
https://www.recordchina.co.jp/

朝日新聞は、米航空機製造大手ボーイングの最新鋭小型機「737MAX」を保有する中国の航空会社12社のうち、11社が24日までに、ボーイングに対し、運航停止で生じた損害を賠償するよう求めたと報じている。米中貿易戦争での中国の反発となる。なるほど中国も頭を使い始めたようで、この類の制裁を次々と実施するのではないか。

トランプ大統領の関税爆弾と中国の対抗処置がぶつかり始めた。こうなると米中貿易戦争は、厄介な方向に進む可能性もある。米中貿易戦争は、トランプの保護貿易とはいえ、米国経済においては、決して良い方法ではない。中国以外に日本を含めた関連国にとっては困りごととなる。

関連記事

[ 2019年05月26日 12:04 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp